『我が国は残業大国ニッポン』なんて頻繁に揶揄されますが、誰も残業したくない!!』という気持ちでいっぱい。

そして、ライフスタイルを見直して、残業が無い・少ない仕事転職したい人が増えています。

 

ですが、正社員に固執せずに派遣社員、もしくはアルバイトが有利だということを書いていきたいと思います。

 

残業したくないからって、転職もイバラの道!?

まず、僕は大学院を卒業した後、大手自動車メーカーへと就職しました。

いわゆる、頑張って大学に入り、大学院へも進んで就職に有利となるルートを選んできました。

そして、確かに就職活動は有利でしたし、履歴書を出したのはたったの4社。

 

それだけで就職活動が終わって、しかもTHE ホワイト企業とされる自動車メーカーに就職。

ですが、残業時間という、日本特有のめんどくさい会社文化に耐えられませんでした。

しかも、朝6時ごろに起床しては、夜22時に帰宅するという生活は吐き気MAX。

月曜日から金曜日だけでなく、土曜日も出勤日となるケースも割りと多め。

 

正直なところ、二度と戻ってこない人生という貴重な時間を、なんでわざわざ会社のために浪費するのか理解できなくなりました。

そもそもの原因は、僕自身が好きになれない仕事内容だったことですが、たとえそうでなくても日本の残業時間の異常さに気付きました。

自動車メーカーは大手ホワイト企業であるため、残業時間がキッチリ不足なく支払われます。

しかし、ホワイト企業でさえも、月に何十時間も残業させられるのはガッカリでしかなかった(←社会を甘く見すぎだったかも)。

 

世の中には、違法レベルの残業時間を強いられている人もたくさんいらっしゃるので、ホワイト企業での残業量にブーブー言う僕は弱い人間かもしれません。

だけど、ほとんどのサラリーマンもOLも、残業時間への本音を言えば『できれば残業したくない』に決まっています。

 

ということもあって、僕はせっかく新卒というプラチナチケットによって入社できた自動車メーカーから、別の企業へと転職しようと考えるようになりました。

給料は少なくても良いから、残業時間が極力無い会社、できれば残業時間がゼロの会社への転職を夢見ました。

恐らく、最初に就職した会社にて、5~10%でも仕事に楽しみがあれば良いのにと思ったものです。

その反動もあって、給料は二の次、三の次・・・のような感覚でした。

 

でも、よくよく考えてみると、自動車メーカーという超ホワイト企業でさえも残業時間は結構な長さ。

それに、少ない給料でもOKとはいっても、やはり、お金はたくさんもらえるに越したことはない。

つまり、今の自動車メーカーから離れ、別の会社へと転職しても状況が変わらないどころか、より悪化する可能性だってある。

 

もっとツマラナイ仕事をやらされて、お給料もDOWNじゃ転職した意味ない。

だけど、むしろそうなってしまう確率って、けっこう高いと思います。

なぜなら、日本は自動車産業がトップクラスですし、そんな業界の大手メーカーでさえもダメだった自分だから。

それに、新卒採用というプラチナチケットを使って今の会社に入れたのに、転職したら今よりも良い会社から採用されるのは難しくないですか??

 

以上のように、正直なところ残業したくないコトを理由に転職をしても、また同じようなイバラの道が待っています。

 

日本という残業大国では、どこの会社に行っても残業が当たり前です。

そこで、僕はアフィリエイトで稼いで独立する道を選ぶことにしましたが、会社を辞めてわかったことは【今の時代は正社員よりも派遣社員、派遣社員よりもアルバイトの方が有利だ】ということでした。

仕事は正社員よりも派遣、派遣よりもアルバイト!!

いきなり、『正社員よりも派遣社員、派遣社員よりもアルバイトの方が有利』と書いちゃいましたが、僕だってそう実感したとき自分自身を信じられませんでした。

ずっと、ずっと、ずーっと生まれてからこれまで、【正社員=何でも有利】という考え方を強く持っていたからです。

 

この記事を読んでいるあなたも、【正社員がすべて】という考えがNo.1なのではないでしょうか??

 

しかし、もし仮に自分の仕事がアルバイトでありながらも、アフィリエイトで月に20万円以上も稼げるスキルがあったらどうでしょうか??

アフィリエイトは半自動で収益を発生させられるので、自分の貴重な時間を奪われにくいし、空いた時間をさらにアフィリエイトに費やして収入を伸ばしていけます。

そして、アルバイトで月に10万円を稼ぐには、時給800円ならば月曜日から金曜日まで6時間ちょっと働けばOK。

まとまった自由時間を毎日満喫しながらも、アルバイト+アフィリエイトならば月収30万円ちょっとがストレスなく入ってくる。

 

つまり、何が言いたいのかというと、月~金曜日までは7時間にも満たない労働時間で大丈夫なので、自分のやりたいコトができる。

しかも、アルバイトくんならば、職場での責任やプレッシャーも正社員や派遣社員よりも低く、残業を押し付けられるケースは稀。

むしろ、自分がストレスなく働けるバイト先を見つけて、そこを選べば良いんですよね。

 

逆に、正社員という道を選ぶと、毎日8時間+残業時間という労働時間。

残業したくない日であっても、残業から逃げることはできない強制力。

加えて、納期やプレッシャーに追われて、精神的に休まる時間もガンガン減らされる。

挙句の果てには、【アルバイト+アフィリエイト】なら創出できた自由な時間とは程遠いライフスタイル。

 

たった1度きりの人生において、やりたいコトをずっと永遠に我慢して生きていき、定年を迎えてから自由になっても嬉しくない。

追い打ちを掛けるようですが、正社員のお給料の伸びも1年で月収+10万円なんてほぼムリ。

 

一方で、アフィリエイトなどの個人ビジネスであれば、1年で月収+10万円どころか+50万円や+100万円だって可能。

人によっては、もっともっと収入を増やしていける。

 

お金がすべての生き方を推奨しているワケではなく、目的もなく流されて正社員に固執している人は、貴重な自分の時間をドブに捨てる生き方になっているということ。

 

あなたが仕事のために生まれてきたのであれば、正社員として会社に尽くすことに意味があります。

でも、仕事が目的で生きていないのであれば、正社員に固執することは幸福度もコスパも断然低いということ。

 

ここで、胸に手をあてリラックスし、自分自身に問いかけてみてください。

 

『自分は仕事が目的で生きていないか??』

まとめ-転職先でも残業したくない

ここまで、『残業したくないから転職をしよう』とする考え方について、正社員として転職するくらいなら派遣社員・アルバイトになった方が良いと書いてきました。

これは、アフィリエイトなど自分のビジネスを持つのであれば・・・という前提条件が必要ですが、僕のこれまでの経験上では一番かしこい判断。

 

もしも僕が正社員に固執して転職する道を選んでいたら、ずっと同じループで転職を繰り返していたでしょう。

本当に残業したくないという人は、サラリーマンやOLが向いていません。

いさぎよく、【派遣社員かアルバイト】+【個人事業(アフィリエイト、輸入転売、FX)】というスタイルを選ぶことをおすすめします。

 

時間もお金も幸福度も、正社員より断然上になりますよ。

そして、僕の無料メルマガでは、アフィリエイトで成功するための最短ルートを示しています。

ぜひ、メールマガジンへの無料登録もチェックしてみてくださいね!!