YozaYoza

有給休暇を取得するのは、あなたの権利です!!

有給休暇を取る』=『お休みだけど、会社からお給料がもらえる』

 

というのは、マジメな日本人にとっては罪悪感を感じるもの。

しかも、有給を取得する理由を伝える必要があり、『病気体調不良病院に行くから』ならまだしも、

 

私用のため(旅行)』

 

は心理的にハードルが高い。

そこで、有給休暇を取得する理由についてまとめました。

 

原則、有給休暇の理由は何でもOK??

YozaYoza

自分の希望を尊重しつつ、

会社側の要望も聞き入れてあげれるのがベスト。

まず、有給休暇の理由について、先に結論を書いておきますね。

 

【有給休暇の理由について】

  • 有給休暇を取るタイミングや理由は、あなたが自由に決めてOK!!
  • ただし、会社の繁忙期に有給休暇を取られると、会社側が困ってしまうので理由を聞いている。
  • つまり、会社に迷惑が掛からない時期であれば、労働者であるあなたが有給を心置きなく使って大丈夫。

 

という感じです。

 

有給休暇は年休ともよく言われていますが、正式名称は一応、年次有給休暇というやつ。

そして、有給休暇の制度が設けられている本来の目的は、土日などの週休日とは別に体と心のリフレッシュをするための制度なんです。

 

だから、有給を使うタイミングや理由は、僕たち労働者側が自由に決めて良いんですよね。

加えて、会社側が労働者に対して、有給休暇を取得する理由を強制的に聞き出すのはダメとなっています。

また、あなたが有給を取りたい理由を聞いて、『その理由で有給を使ってはいけない』と会社側が申請の却下をするのも禁止。

 

ただし、会社側にも、有給に対してとある権利を持っています。

それは、時季変更権という権利で、この権利の行使として有給の理由を聞いてくる会社さんが結構いるということ。

↑では、『強制的に有給休暇の理由を聞いてはいけない』と書いたので曖昧な話ではありますが、そういう権利も会社側にもあるんですよね。

 

でも、会社側が時季変更権を使う理由というのは、会社もあなたを必要としていて、時期によっては会社の業務全体が回らなくなる可能性があるため。

あなたが出勤できない時期が、会社の繁忙期と重なると、どうしても事業の運営に困ってしまいます。

そのために時季変更権という権利があるワケなんです。

 

こんな風に、モヤッとした結論になってはしまいますが、あなた(労働者側)と会社側でお互いに調整しあって、有給休暇を利用することが大切だということ。

要は、融通を利かせ合って、

 

『あなたにとっても、会社にとっても、Win-Winな有給休暇の活用をしていきましょう!!』

 

ということですね。

 

ここまで書いてきたことから、恐らく以降の説明は不要かもしれません。

でも、念のため、補足として『病気 or 体調不良』や『私用のため(旅行や家事都合)』という、有給休暇の取得理由についても書いていきますね!!

『病気 or 体調不良で病院へ通院するため』に取得

YozaYoza

まったく問題ない、有給休暇の取得理由です。

病気になったり、怪我をしたり、会社を休む必要が出てくるのは誰にでもあることですよね。

体が資本ですし、どうしても働けない日は休まなくちゃいけません。

 

しかし、日本人はハードワーカーな気質というか、『自分の職場の人達も頑張っているから・・・』と言って、休むことに対して控えめな気持ちになります。

僕も、そんな感じでした。

 

ですが、有給休暇は↑でも書いたように、労働者が自由に行使してよい権利です。

だから、病気・怪我・体調不良・病院への通院といった理由で、心置きなく有給休暇を利用してOK。

 

ぜひ、元気にまた働けるように、有給休暇を十分に活用していきましょう!!

『私用のため(旅行など)』はけっこうハードル高め!?

YozaYoza

生真面目な日本人だけに、

“私用のため” で有給休暇を取るのは

ちょっとハードルが高めですよね(汗)

一方で、病気や体調不良を理由に有給休暇を取るのは腑に落ちても、私用のため(プライベート)で有給を使うのは気が引けますよね(笑)

どうしても日本人って、やっぱり、そういう気持ちになってしまうんですよね。

確かに、村八分的というか、みんなと一緒に頑張るみたいな性格は素敵ですが、有給休暇は自由な理由であなたが使っていい。

 

だから、旅行で温泉や海外へ行くなり、ディズニーランドへ行くなり、カフェでのんびりするなり、家でゴロゴロするなり、有給休暇を “あなたの私用のためで取得しまくってOK” なんです。

なかなか日本人だと、プライベートのために有給休暇を使うのはマインドブロックがあります。

でも、ジャンジャンあなたが使いたいように、有給休暇を利用していきましょう。

 

体を休めたり、思いっ切り遊んだり、休むも遊ぶも仕事です。

ぜひ、有給休暇でリフレッシュを図って、プライベートでも会社でも充実したライフスタイルにしていきましょうね!!

 

ただし、↑でも書いたように、会社側の繁忙期には配慮をしてあげて、お互いにWin-Winな有給休暇制度として利用していけると尚良いですね。

【注意】会社の繁忙期には配慮すべきではある。

YozaYoza

有給休暇の取得理由について、

カンタンにまとめると・・・

再三にわたって書いてきたように、有給休暇の取得理由についてまとめると・・・

 

【有給についてカンタンに総括】

  • 労働者であるあなたが、自由に理由を付けて有給休暇を使っていい。
  • 職場の繁忙期にだけは、注意をしてあげてれば丸く収まるはず。

 

ということ。

 

病気・体調不良にしろ、私用のためで遊びに行くにしろ、有給休暇を使う理由はあなたが自由に決めて大丈夫。

会社側の繁忙期は避けるようにしてあげて、あとは自由な時期に、好きな理由で有給を利用しましょう。

 

そして、有給休暇を取りたい理由を聞かれたら、時季変更権の行使として会社側が聞いてきています。

『遊びに行く!!』という理由を言う勇気がない人は、それなりの真面目な理由を適当に考えて伝えておきましょう。

会社側も、あなたが有給休暇を取得する理由を聞いて、有給申請を却下することはできませんので。

有給休暇を遊給休暇として活用しよう!!

YozaYoza

心と体をリフレッシュして、

あなたのパフォーマンスをUPさせよう!!

さて、ここまで、『有給休暇を自由に使っていいんですよ!!』と書いてきました。

 

実は、僕が会社員時代、有給を使ったタイミングというのは、

 

『退職する月(2015年10月)に、まとめて20日くらいを一括消費』

 

でした。

会社で働くことに疲れてしまって、やりたい仕事もできないし・・・という凄く落ち込んでいたので会社を去る決断をしていました。

 

ですが、もしかすると、有給休暇をうまく活用して心と体のリフレッシュを定期的にしていれば、疲れ切った自分になっていなかったかもしれません。

そうであれば、今こうして、独立の道を選ぶという人生とはまた違った道を歩んでいたかもしれません。

 

ただ1つ言えることは、有給休暇を利用するのは労働者の自由な権利です。

 

あなたも経験したことがあるとは思いますが、『思いっ切り遊んだら、煮詰まっていた仕事がスムーズに終わっちゃった♪』みたいなパターン。

こういうのありますよね(笑)

だから、仕事のパフォーマンスを上げるため、自分のライフスタイルを充実させるため、家族を大切にするため、自由な目的で有給休暇を使っていきましょう。

 

有給を申請する理由は自由であることが、法律で決められています。

繁忙期でみんなに迷惑が掛からない時期を選べば、有給休暇はあなたが100%自由に使用して大丈夫。

まとめ-有給休暇の取得理由について

YozaYoza

会社側の気持ちも尊重しつつ、

あなた自身のライフスタイルを大切に

有給休暇を活用しよう!!

いかがだったでしょうか??

 

今回は、有給休暇の取得理由について書いてきました。

『病気や体調不良』は当然のこと、『私用のため(旅行etc)』を理由にしても問題ありません。

会社の繁忙期など、あなたが居ないことで業務に支障が出にくいタイミングを選べば、基本的にはすべてOK。

 

自分のライフスタイルをより良いものにしていくためにも、有給休暇をフル活用していきましょう!!

 

ちなみに、僕の無料メルマガでは、自由なライフスタイルを送るために『ブログで稼ぐこと』について学ぶことができます。

ぜひ、メールマガジンへの登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

メルマガでブログを学んで、自由なライフスタイルをGETしてみませんか??

↓無料メルマガのご登録はこちら↓