ワードプレス コピペ 防止 WP Copy Protect プラグイン

自分のブログがコピペされたり、盗作されたりしたらイヤですよね。

心血を注いで作ったコンテンツ記事ですし、コピペ防止をしておきたいハズ。

 

今回は、WP Copy Protect” というワードプレスプラグインについてインストールから使い方まで解説します。

WP Copy Protectとは?コピペ防止になる?

まとめサイトの著作権については、問題があやふやになっているインターネット事情。

ひとまず、まとめ記事は横に置いて忘れておき、一番の問題は丸パクリなコピペ記事。

ここで言う丸パクリ記事とは、文章の単語を類似語に変更するだけだったり、文末を書き換えるだけだったりと、コンテンツの盗作はやっぱり多いです。

 

場合によっては、オリジナルの記事を掲載しているブログよりも盗作サイトの方が検索上位になってしまうケースも少なくないのが現状。

Googleの検索アルゴリズムも進化してきていますが、理想に技術が追いついていない状態ですよね。

 

今回は、せっかく自分が心血を注いで作り込んだコンテンツをコピペ防止にする方法を書いていきます。

その名もワードプレス・プラグイン “WP Copy Protect” !!

【インストール】WP Copy Protectを導入しよう!!

それでは早速、コピペ防止のために【WP Copy Protect】をインストールしましょう。

 

【インストール手順】


【1. プラグインの新規追加】 

  ↓

【2. WP Copy Protectで検索】 

  ↓

【※下へスクロールをして・・・】

  ↓

【3. 今すぐインストール】


で導入してみましょう。

 

『WP Copy Protect』で検索をして、下へスクロール(※似たような名前のプラグインは無視)。

ワードプレス コピペ 防止 WP Copy Protect プラグイン

 

下へスクロールをすると、こちらのデザインの『WP Copy Protect』というプラグインが見つかります。

【3. 今すぐインストール】をクリックしましょう。

ワードプレス コピペ 防止 WP Copy Protect プラグイン

 

インストールが完了したら、【4. 有効化】を押してしまいましょう。

ワードプレス コピペ 防止 WP Copy Protect プラグイン

 

以上で、ワードプレスへの “WP Copy Protect” のインストールが完了です。

【使い方】有効化するだけのワードプレス・プラグイン

ワードプレスにWP Copy Protectをインストール&有効化したら、この時点でコピペ防止の機能が発動してくれます。

そのため、あなたのブログ記事を直接的にコピペできなくなっているハズ。

ただし、コピペ者がタイピングしてパクることは可能なので、100%コピペ防止にはできません。

基本的にブログやサイトは集客目的なので、コンテンツを非公開にしたくないですしね。

 

そして、もしも自分のコンテンツをコピーしたい時は、WP Copy Protectを停止させましょう。

ワードプレス コピペ 防止 WP Copy Protect プラグイン

戻したい時は再び有効化すれば良いので、気軽に機能のON/OFFができますよ^^

 

以上がWP Copy Protectの解説となります。

コピペ防止を施して、大事なブログのコンテンツをガードしていきましょう!!