WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

パソコン作業をしていると画面のキャプチャを録りたいケースが沢山ありますよね。
そこで、オススメのPCツールの1つがWinShotであり、

 

【本記事で解説する使い方】


保存先

矩形範囲指定

全画面モード


 

設定して、とても便利に画像編集ができます。

 

今回はWinShotの使い方についてわかりやすく解説します!!

 

【はじめに】WinShotの使い方

それでは、WinShot(ウィンショット)のインストール後の使い方について説明していきます。

  WinShotのインストール方法はこちら

 

以降で使われている画像も、WinShotで僕が実際にキャプチャしたものであり、

このソフトウェアが凄く役立つモノであると、お分かりいただけるはず。

 

ちなみに、【画面くん】という別のキャプチャ・ツールも使いやすいのですが、

『指定位置かつ指定サイズ』でスクリーンショットを保存するという観点では、【WinShot】が一番オススメです。

【使い方の前に・・・】WinShotの起動と基本操作

まず、WinShotの起動後、右下に『WinShotのアイコン』が表示されます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

もしくは、『WinShotのアイコン』が右下に表示されていなければ、

『△マーク』を左クリックすると『WinShotのアイコン』が見つかるはずです。

△マークを左クリックする。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

△マークの中に『WinShotのアイコン』

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

そして、WinShotのアイコンを右クリックすれば、『設定メニュー』がズラリと表示されます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

ここまでの手順のように設定メニューを開き、いろいろとWinShotをイジってみると良いでしょう。

一番手っ取り早くWinShotの使い方を習得するには、とにかく触ってみることです。

 

とは言え、WinShotの基本的な使い方として、

 

『以降で説明する使い方』


1. 保存先の設定方法

2. 矩形範囲指定の設定方法

3. 全画面モードの使い方


 

を以降では解説していきます。

【使い方1】保存先の設定方法

まずは保存先の設定方法についてですが、『矩形範囲指定モード』の場合で紹介していきます。

 

『WinShotのアイコンで右クリック』をして、【環境設定】を選びます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

続いて、【基本設定】を選ぶと、次のような設定画面になります。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定


【1. ファイル自動保存】

キャプチャ画像を自動で保存してくれて、一番オススメ。

『追加/削除』で保存先の設定ができ、保存ファイル名も決められます。

ただし、保存ファイル名は『接頭語+シーケンス桁数+開始番号』で構成されて、

デフォルト状態では “WSxxxxxx” となっています(※xxxxxxはシーケンス番号で000000からスタート)。

 

【2. 保存ファイル名を毎回指定する】

この設定にチェックを入れると、キャプチャ画像名の設定を毎回することになり、

どちらかと言うと、めんどくさい保存方法です。

 

【3. 保存後に保存フォルダを開く】

この設定にチェックを入れると、保存直後に保存先フォルダが開かれます。

 

【4. マウスカーソルをキャプチャする】

この設定にチェックを入れると、マウスカーソルを残したままキャプチャ画像を録れます。


 

保存先の設定ができたら、保存先フォルダを下の画像のように確認しておきましょう。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

【使い方2】矩形範囲指定の設定方法

次に、矩形範囲指定の設定方法を解説します。

 

『WinShotのアイコンで右クリック』をして、矩形範囲設定にマウスを持っていき、

【前回の矩形範囲を使用】を選びます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

その後、【前回の矩形範囲修正】を選んでください。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

すると、こちらのウィンドウが開くので、

【矩形範囲指定】をクリックしてキャプチャしたい範囲を設定できます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

たとえば、この画像のようにキャプチャしたい範囲を四角形の形状で設定できます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

矩形範囲指定でキャプチャするコマンド

ここまで、矩形範囲を設定してきましたが、

実際にキャプチャする時はホット・キーを設定しておく必要があります。

 

【WinShotの環境設定】 ⇒ 【ホット・キー】のタブを選び、

スクロールすると【JPEGで保存(矩形範囲指定)】が見つかるはずです。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

僕のホット・キーの場合では、【Alt+PrintScreen】に設定しています。

※デフォルトでWindows(ウィンドウズ)に実装されているプリントスクリーンと使い分けるため。

 

ただし、パソコンによっては『Fn+Alt+PrintScreen』を押さないと、

キャプチャできないケースがちょくちょくありますので試してみてください。

【使い方3】全画面モードの設定方法

こちらの画像のように、【JPEGで保存(デスクトップ)】を選び、

【ユーザー設定】で好きなキーの組み合わせを押すとホット・キーを設定できます。

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

 

ただし、僕の場合は矩形範囲キャプチャの設定をスクリーン全体にし、

『全画面モードを模擬』して使っています。

まとめ-とても便利なWinShot

いかがだったでしょうか??

 

今回の記事では、WinShotの使い方について基本的な部分を解説してきました。

何度も触って試してみて、WinShotという画面キャプチャ・ツールを使いこなしてくださいね。