Windows スクリーンショット できない 範囲 指定 フリーソフト

パソコン作業で役立つスクリーンショット。

しかし、Windows8やWindows10などでは、仕様変更によりWindows7で慣れたスクリーンショットできないことがよくあります。

 

また、自由な範囲指定でスクリーンショットをしたいところ。

そこで、今回はスクリーンショット用の便利なフリーソフトをご紹介します。

Windowsあるある!スクリーンショットができない!

Windows スクリーンショット できない 範囲 指定 フリーソフト

新しいWindowsへと買い替えた時、コマンドやインターフェースが変更されていて使いにくいケースが多いですよね。

ググッて解決策がすぐに見つかれば良いのですが、どうしてもWindowsの仕様変更で頭を悩ますことは頻発します。

Microsoft(マイクロソフト)としても、ユーザーの利便性を考えての改良なのでしょうけど、改悪であることがよくあります。

 

そして、特に困ってしまうのが、スクリーンショットのキーが変わっていたり、細々とした仕様変更があったりすること。

今後もWindowsは仕様変更をするでしょうし、昔と同じ方法でスクリーンショットができない状態になるのであれば調べている時間もムダになります。

そこで、僕がオススメしたいのは、スクリーンショットに特化した便利なフリーソフトを導入することです。

 

やはり、Windows自体の仕様が変更されていても、フリーソフトの方は使い方が不変のままである確率が高い。

ということで、以降ではWindowsでスクリーンショットができない悩みを抱えていても、サクッと解決できるフリーソフト激選3つをご紹介します。

範囲指定もできるフリーソフトのスクリーンショット!!

それでは早速、おすすめのスクリーンショット用フリーソフトを解説していきます。

Windows自体の機能でスクリーンショットができない場合でも使えるので、非常に重宝しています。

また、範囲指定も自由にできるので、あなたのPC作業で大活躍してくれること間違いなし!!

 

おすすめフリーソフト1 – WinShot

WinShot 使い方 短形 範囲指定 全画面 保存先 設定

【WinShotのインストールと使い方はこちら】

  WinShotはインストール不要?無料ダウンロードの方法から解説!

 

まず最初にお見せしたいのが、WinShotというフリーソフトです。

↑に張ったリンク先の記事で詳しく解説をしていますが、デスクトップ全体のスクリーンショットだけでなく範囲指定もお手の物。

 

特に、一度指定した範囲を記憶してくれるので、同じサイズ&同じ位置の画面をキレイにスクリーンショットしてくれます。

WinShotでは保存先もあらかじめ設定できるので、キャプチャ作業をサクサクしながらスクショ画像を残していけますね。

 

おすすめフリーソフト2 – 画面くん

画面くん 画面くんの使い方 使い方 Windows7 win7 ダウンロード

【画面くんのインストールと使い方はこちら】

  画面くんの使い方!Windows7でダウンロードから丁寧に!

 

続いては、画面くんというフリーソフトについてです。

画面くんでは、キャプチャボタンを押した直後に、あなたが自由にマウスで範囲指定できます。

そのため、手っ取り早くスクリーンショット作業を終わらせれるので、僕も毎日のようにお世話になっていますね。

 

加えて、指定した保存先フォルダに速攻でセーブできます(ガトリングモードという)。

フリーソフトとしての容量も小さいですし、動作も軽量でスムーズに動いてくれます。

ぜひ、画面くんをスクリーンショット・ツールとして試してみてくださいね。

 

おすすめフリーソフト3 – Awesome Screenshot

Awesome Screenshot 使い方 Chrome Safari

【Awesome Screenshotのインストールと使い方はこちら】

  Awesome Screenshotの使い方!SafariとChromeでダウンロード!

 

最後のご紹介するスクリーンショット用フリーソフトが、Awesome Screenshot。

そして、このフリーソフトは、ブラウザの拡張機能としてインストールされます。

しかも、ChromeとSafariの両方で使用できるキャプチャソフトであり、僕はWindowsでもMacでも愛用しています。

 

Awesome Screenshotの機能で極めつけは、“縦長のページも画面をスクロールして綺麗にキャプチャできること” です。

Windowsのキャプチャ機能、他のフリーソフト、いずれの場合も画面をスクロールしてスクリーンショットはできません。

縦長ページのスクリーンショットができるのは、Awesome Screenshotだけでしょう。

 

もちろん、範囲指定ありのスクリーンショットも可能ですし、画像編集もできちゃうので至れり尽くせりなソフトウェアです。

ぜひ一度、試して頂きたいフリーソフトの1つですね。

 

まとめ-スクリーンショットはフリーソフトがおすすめ!!

いかがだったでしょうか??

 

今回は、Windowsでスクリーンショットができない問題を解決する方法として、便利なフリーソフトによる代替を提案させて頂きました。

Microsoftも今後はWindowsをどんどん改良(改悪!?)していくことでしょうし、その都度、スクリーンショットができないと嘆くのはごめんですよね。

 

ぜひ、今回ご紹介したスクリーンショット用のフリーソフトを使って、【デスクトップ全体】・【自由な範囲指定】・【縦長ページ】といったキャプチャ機能を使いこなしましょう。

あなたのパソコン作業の効率UPを大きく手助けしてくれるツールであることは間違いないです。