大学生 自分 学費 稼ぐ 方法 アフィリエイト

多くの学生さんが、

 

【大学生にとってバイトは大きい】


大学生になったらバイト!!』

『 “夏休み” “冬休み” “春休み” はお小遣いを稼ぐ!!』

学費自分稼ぐ!!』


 

という気持ちでキャンパスライフを過ごされていると思います。

このように、大学生にとって “アルバイトの存在” はとても大きい。

 

でも、僕自身の学生時代を振り返ってみて、

ブログやサイトでアフィリエイトしとけば良かったと後悔中。。。

かっぱ寿司で接客のバイトをしてました!!

大学生 自分 学費 稼ぐ 方法 アフィリエイト

どうもYozaです。

 

大学生時代というのは、やはりバイトで稼ぐことを夢見るものですよね。

僕も大学へ行ったらバイトをして、お金をもらう喜びを経験したいと思ったものです。

それに、人生で初めて『働く』というのは、最初は誰しもウキウキしてしまいます

 

僕の場合は『かっぱ寿司』でバイトをしていたのですが、初給料のときは心が踊ったものです。

(でも、今思えばなぜアフィリエイトに挑戦しなかったのだろうと後悔中。。。)

確か毎月5万円くらいはバイト代を頂いてました。

あっ、お寿司を握る方ではなく、ホールでの接客ですよ。

お皿を数えたり、レジ打ちしたり、テーブル席へご案内したり。

 

ちなみにですが、

 

僕はサーモンが大好き♪

 

です。

 

とは言え、最初は楽しい気分だったバイトも、段々とイヤになってくるものです。

『いやいや、バイトずっと楽しいでしょ!?』とスタートしたばかりの頃は思ってましたが、やっぱりダメでしたね。

家に帰って『ゲームしたい』『お昼寝していたい』『そもそもレポートで忙しいし・・・』という感じで、少しずつバイトが面倒になります。

 

まぁ、会社も同じで入社して初月はルンルン状態でしたが、すぐに『うわぁ・・・』となった記憶があります(笑)

バイト代も給与も嬉しかったのですが、マンネリもあって誰しもが経験する道です。

自分で学費を稼ぐ方法として、バイトは非効率

大学生 自分 学費 稼ぐ 方法 アフィリエイト

さて、とは言っても大学生になると学費を自分で稼ぐ必要がある人も多いです。

奨学金という制度もありますが、成績優秀者にならなければ免除という待遇は受けられません。

そもそも数少ない椅子をみんなが競い合うワケですから、奨学金の免除を狙うのは避けるべき。

 

そして、バイトによって学費を自分で稼ぐとなると、勉強時間が削られます。

また、サークルやその他の学生時代にしかできないことが失われますよね。

さらに、イヤイヤ状態なのに、バイト先からも頼られて八方塞がりに。

 

誰もが大学生になるとバイトをしたくなりますが、結局は辞めたくなります。

学費を自分で稼ぐ必要性がある場合は強制力が働きますが、どうしてもツラいでしょう。

 

でも実は、もっと大きなマイナス要因がバイトには潜んでいます。

『バイトは無駄!!』大学生時代の時間は貴重です。

バイトに時間を割くことの大きなデメリットとは、

 

将来の仕事と天秤に掛けると恐ろしく非効率

 

ということです。

確かに、アルバイトを経験して色々な仕事を知ることは、たくさんの学びがあります。

レジ打ち一つをとっても、成功や失敗を繰り返して自分の成長に繋がります。

僕もかっぱ寿司での接客業での失敗から学んだことは一杯あります。

 

ですが、バイトに過度に時間を割くことはオススメできません。

アルバイトの時給を考えてみるとお分かりの通り、会社員になってからの時給と比較すると超非効率。

大学時代にキチンと勉強して良い会社に入るのを目指したほうが、長い人生のライフスパンを考えると効率が断然上です。

バイトの数が少なければ大学時代に使えるお金が減りますが、それでも長い目で見ると就職先に焦点を合わせた方が良いでしょう。

もしくは、学生時代にしかできないことに挑戦するとか。

 

このように、何かしらの目的(将来働きたい業種につながる経験が積めるなど)がない場合は、バイト重視の大学生活は避けるべきです。

とは言っても、学費を自分で稼がないといけないケースもあり、なかなか踏ん切りがつかないもの。

そこで、おすすめとなるのが、インターネットを使って自分で稼ぐという手段です。

アフィリエイトのすすめ – ブログやサイトで稼ごう!!

大学生 自分 学費 稼ぐ 方法 アフィリエイト

ということで、大学時代にアフィリエイトしとけば良かったと思う今日このごろ。

アフィリエイトと聞くと『インターネットを使って難しいことをやる』というイメージがあるかもしれませんが、慣れれば案外カンタンなものです。

むしろ、大学に入学するハードルの10分の1以下でしょう。

必要なものは継続力だと思います。

 

特に、僕の場合は理系だったので、大学のレポートが大変でした。

実験レポートは分量が多く毎週のように徹夜で仕上げていましたし、バイトのせいで何度も窮地に立たされたことか(⇒タイムマネジメントが下手だったこともありますが・・・)。

 

一方で、もし仮に自分が大学生時代にアフィリエイトをやっていたら、自分の部屋で作業ができるのでレポートや宿題をやりながら合間でビジネスを進められたハズなんですよね。

『大学のレポート』も『アフィリエイト』も両方ともがPC作業ですから、スムーズに切り替えられますし。

 

また、最初は稼げるまでに時間が掛かりますが、半自動で収益が発生するのがアフィリエイトです。

カンタンにいうと、ブログやサイトを作って広告(Googleアドセンスなど)を貼り、集客をしていけば収入がもらえる仕組み。

即金力ではアルバイトには負けますが、開始2~3ヶ月以降からは断然アフィリエイトの方がラクに稼げます。

そして、奨学金を自分で稼ぐ場合は、アフィリエイトである程度の収入源をつくってからバイトをする、もしくはそのままアフィリエイト報酬を伸ばしていく、ということをやれば大学生の本分である勉強にもエネルギーを注ぎやすいでしょう。

 

ちなみにですが、アフィリエイトを始めるのに掛かるお金はとても安いです。

ブログやサイトなんて、年間で1万円いくかいかないか。

【参考記事】

  アフィリエイト用ブログの構築はサーバー代が無料でもOK?容量やIP分散も気になる!

  アフィリエイトのツール費用は無料でOK?初めての報酬ゲットまで投資はいくら?

 

以上のように、アフィリエイトこそ大学生時代に知りたかった『自分で稼ぐ方法』です。

ぜひ、インターネットなどで調べてみると、その魅力に気付けると思いますよ♪

僕のブログでもアフィリエイトについて解説しているので、いろいろと覗いてみてくださいね。