三度目の殺人 映画 感想 評価 ネタバレ 結末 犯人

YozaYoza

三度目の殺人の感想と評価の記事です♪

福山雅治さんが主演の最新作映画三度目の殺人』。

この映画感想評価をさっそくブログ記事にまとめました!!

 

結末ネタバレ犯人は誰??

気になる映画三度目の殺人は面白いのか??

 


【結末のネタバレ対策】

記事の後半では結末のネタバレをしていますが、事前に【注意】を促しますので安心して読み進めていただけます。

 

【映画】三度目の殺人の感想!!

三度目の殺人 映画 感想 評価 ネタバレ 結末 犯人

YozaYoza

強力なメッセージ性で、考えさせられる映画でした!!

2017年9月9日に新作公開となった映画『三度目の殺人』。

 

主演が福山雅治さんで、相手役の殺人犯役が役所広司さん。

しかも、吉田鋼太郎さんも福山さんの相棒として出演している映画です。

若手女優からは、広瀬すずさんも参戦していて、『三度目の殺人』はかなり以前から気になっていた映画です^^

メチャクチャ豪華なキャストですよね。

 

そんな映画『三度目の殺人』の感想についてですが、一言でいうと、

 

“メッセージ性がとても強い映画”

 

という印象です。

 

僕はあまり映画の下調べをせずに映画館へ足を運ぶ方なので、普通にミステリー系の映画だと思い込んでました。

でも、実際に『三度目の殺人』を観てみると、ミステリー映画ではなくて現代社会や自分の生き方へ質問を投じる内容。

司法の世界も、『三度目の殺人の映画通りになっているの??』かどうかは不明ですが、本当だったら結構イタいですね。

 

おそらく、真面目にこの映画を観てみると、自分の信念や考え方について色々と考えさせられるはずです。

また、『何を信じて生きていけば良いか??』『他の人達の世の中の見え方はどんな感じ??』と、迷いのある気持ちになる人が多そうですね。

 

なので、ミステリー系を期待してこの映画を観に行こうと思う人は、そういう系の映画ではないのでご注意を。

確かに、犯人である??三隅(役:役所広司さん)の証言がコロコロ変わって迷路みたいになりますが、そういった真実を追いかけるのが主旨ではない映画だと思いますよ。

 

あと、近年も多く見られるような??サイコパスな人に不気味さを感じますね(実際に会ったことはないですが・・・)。

とは言え、三隅は空っぽの器みたいな人間であり、『その器に何を入れるかで見え方が変わってくる』というコトを表現する重要なキャラ設定。

三度目の殺人の映画としての評価は??

YozaYoza

個人的に、高評価の映画です^^

という感じで、三度目の殺人は、『生き方や考え方、人間社会』について疑問をもってしまう映画作品。

 

重いテーマというか、自分の中の意見を巡らせる系の映画であり、何かとこういう系の作品は途中で見飽きてしまうものです。

でも、三度目の殺人では、ストーリーの展開によって巧く最後まで興味深く観れるようにできています。

加えて、『第74回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門』に正式エントリーされた作品ですし、映画として高く評価されていくと思います。

 

また、今の社会はネットなどですぐに答えが見つかりますが、真面目に人生を生きていると答えがわからないコトって多いですよね。

なので、三度目の殺人の映画作品というのは、これからも重要な位置付けだと思いますし、人間社会で生きる以上は永遠のテーマを扱っている映画かなと。

 


※以降では、結末のネタバレがあります。

 

 

 

【結末のネタバレ】三度目の殺人の犯人は誰??

三度目の殺人 映画 感想 評価 ネタバレ 結末 犯人

YozaYoza

三隅が犯人だったかもだし、違うかも??

さて、映画『三度目の殺人』の結末のネタバレを書いていこうと思いますが、ラストに三度目の殺人が起きたワケではないです。

映画タイトルが『三度目の殺人』ではありますが、話の中では殺人犯・三隅が3回目の犯行はしません。

むしろ、留置所の中にいるので、新たな犯行ができない状態。

 

厳密に言うと、三隅は過去に2人を殺害していますし、今回に逮捕された件で3人目の被害者なので、三度目の殺人とはなりますが・・・

 

しかし、今回の殺人の真犯人だったかどうかは、映画の中では謎に包まれています。

まさに、『本当のコトを言ってくれ!!』という感じですね(笑)

 

ただ、この『本当のコトはどうなっているの??』というのが、三度目の殺人が映画として投げかけてくるメッセージ。

どんな話題やニュースも、美談として描かれることもあれば、汚い話として取り上げられることもあります。

人によって普段の生活で見えているモノや捉え方はバラバラであり、同じ事象であっても受け取り方が変わります。

 

『三度目の殺人』は、そういった現実を深く考えさせられる映画作品だと思います。

 

また、三隅は司法社会によって殺されたとも言えるので(真犯人でなければ・・・)、そういった観点でみれば三隅が3人目の殺人被害者である、という意味として言えるかもしれませんね。

まとめ-三度目の殺人の映画

YozaYoza

『何を信じて生きるのか??』を考えさせられる映画でした。

今回は、映画『三度目の殺人』の、

  1. 感想
  2. 評価
  3. 結末のネタバレ

について書いてきました。

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!

 

この映画を観終わった後、やはり、『何を信じていきていくか??』というのは改めて考えさせられます。

人間という器があって、そこに何が入っているのかで結果は大きく変わってきます。

そんなことを深々と考えさせられるのが、映画『三度目の殺人』だと思いました。

 

こんな風に、現代社会は、価値観やライフスタイルの多様化もあり、どう生きていけばいいかわからないケースが増えていますよね。

僕の無料メルマガでは、1つの生き方としての提案を発信しています。

ぜひ、無料のメールマガジンもチェックしてみてくださいね。

 

YozaYoza

これからの生き方に迷っている人におすすめ!!

無料メルマガのご登録はこちらから!!