メアリと魔女の花 評価 ネタバレ 感想 パクリ

最新の映画『メアリと魔女の花が2017年7月8日に公開スタート!!

さっそく、映画館で観てきたので、メアリと魔女の花の評価ネタバレをまとめます。

 

感想としては、まったくパクリではない印象です。

 


※ネタバレは後半で触れています。ネタバレのパートに入る前に注意を促しますので、安心して読み進めてくださいね。

 

メアリと魔女の花はジブリのパクリ!?

2017年7月8日が公開日となった『メアリと魔女の花』。

映画館での予告作品ムービーでも宣伝にかなり力を入れていましたよね。

やはり、日本はアニメ系が世界No.1でしょうし、一番の強みであるジャンル。

 

そんな映画『メアリと魔女の花』ですが、何かと『ジブリのパクリ!?』みたいな声はよく聞きます。

インターネット上の声でも、メアリと魔女の花はパクリっぽいという話がチラホラ。

 

でも、そもそも『メアリと魔女の花』の制作側は、宮崎駿さんを源流にしている方々です。

実際に、『メアリと魔女の花』のエンドロールにも、【感謝】+【宮崎駿さんの名前】が記載されていました。

なので、絵のタッチやストーリー展開などが似てくるのは致し方ないかもしれません。

 

また、メアリと魔女の花は『The Little Broomstick』という原作本をベースにしているので、どこかで聞いたことのある話として感じてしまっている人は多いかもしれません。

もしくは、魔女の宅急便とウリふたつなイメージを持たれている人もいるでしょう。

 

ですが、メアリと魔女の花は完全に別作品でしたので、さっそく【評価】や【感想】を書いていきます。

【評価】メアリと魔女の花はスッと入ってくる

まず、スタジオ・ジブリにしろ、スタジオ・ポノックにしろ、こういったアニメ系の映画となるとストーリーがスッと入ってきます。

鑑賞者のターゲットを子どもに絞っているでしょうし、大人についても『魔法が使えたらいいのに・・・』という層を狙ってるでしょうから当然といえば当然。

小難しい話はいっさいなくて、ストーリーや発信しているメッセージもわかりやすい。

 

そして、僕たちは何歳になっても『魔法を使えたら・・・』という夢を持つものです。

うきに乗って空を飛んだり、魔法で部屋の片付けをしたり・・・だなんて、【理想の暮らし】に憧れますよね。

映画の世界では、そういった現実には不可能なことがカンタンに起きるので、いつの時代も束の間の夢心地を映画に求めてしまうものです。

 

『メアリと魔女の花』は、子どもはもちろんのこと、大人でも楽しめる作品であり、やはり、アニメ映画はストライクゾーンが広い。

大人になっても忘れられない『魔法へのあこがれ』を【メアリと魔女の花】が思い出させてくれますよ。

 


【以降はネタバレあり】

※以降では、メアリと魔女の花の感想をネタバレをふくませながら書いていきます。

 

【感想とネタバレ】メアリと魔女の花を口コミ

『魔法へのあこがれ・・・』というのは、誰しもがどの年齢になっても求めているもの。

人間は生来、ナマケモノな習性がありますし、よっぽどの人でないと面倒事に進んで取り組めないですよね。

 

とは言え、車や飛行機、スマホ、PCなどなど、ひと昔前の人たちから見れば魔法みたいな道具がたくさん。

しかし、どこまでライフスタイルが便利になっても、飽くなき理想を探究するのが人類。

やっぱり、『魔法を使って、もっとラクに暮らせたら・・・』と思うものです。

 

映画『メアリと魔女の花』でも同じく、魔法学校(エンドア大学)の校長マダム・マンブルチュークや科学者ドクター・デイが魔法の力への飢餓感がハンパない。

どれだけ豊かに便利になっても、人間は『もっと、もっと』と欲求が膨れ上がってしまうものです。

 

映画のネタバレとなりますが、校長マダムと博士ドクター・デイは、禁断的な魔法実験を強行。

夜間飛行(魔女の花:魔力を身につけられる)を使って、ピーター(メアリの友達)を実験台にする感じ。

でも、結果としてはその巨大過ぎる力を制御できずに失敗。

 

そして、エンドア大学に来たばかりのメアリは魔法に対する憧れでいっぱいでしたが、映画の最後では『魔法なんていらない!!』という発言。

 

現実世界でも、人類は科学技術を発達させて、昔と比べ物にならないくらいドンドン発達してきています。

ですが、大きなメリットがある代償に、何かとデメリットを孕んだモノばかり。

 

たとえば、原子力発電所だったり、インターネットだったり。

3.11では地震と津波が引き金ではありますが、原子力の強大なパワーをコントロールしきれなかったこと。

インターネットでも、最近話題になっている『西田敏行さんへの誹謗中傷のデマ記事』。

 

昔の人たちからすると、今の僕たちのライフスタイルは魔法レベルとは言わずとも格段に便利になっています。

でも、上手く使いこなせなければ、大きなベネフィットには大きな代償があるものです。

 

さすがに、メアリの『魔法なんていらない!!』のように、『原子力なんていらない』『ネットなんていらない』といった極端な拒絶はできないでしょう。

僕たちは、ツールやテクノロジーと上手に正しく付き合っていくことが大切だと、『メアリと魔女の花』から改めて感じた次第です。

 

まさに、校長マダムと科学者ドクター・デイが【夜間飛行】を見つけるまえのエンドア大学のように、魔法とうまく付き合っている状態を社会が目指せていけると嬉しいですよね。

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!