転勤 したくない 転勤したくない 断る 嫌だ 退職 転職 就活

YozaYoza

転勤したくないのは誰もが思うこと。

転勤したくない!!』ってコレは誰もが思うであろうキモチ。

だけど、転勤断るのはデメリットがあまりにも大きいし、いっそのこと退職する(転職)のも怖い。

 

そこで、『最初の転職のとき』や『新卒の就活時』におすすめの事前対策をまとめてみました。

 

転勤したくない!直面する悪夢がリアルに怖い(汗)

転勤 したくない 転勤したくない 断る 嫌だ 退職 転職 就活

YozaYoza

“イバラの道” が待っている転勤??

まず最初に、『転勤を言い渡されちゃった・・・』という状況下では、今後にどのような事態が待ち受けているのか??

あらゆる問題を洗いざらいハッキリさせておき、自分が取るべき対策や心の準備をしておく必要がありますよね。

転勤辞令が出てしまった現実というのは、なかなか受け入れ難いところがあるかもしれませんが・・・

 

僕も新卒で就活をしていたころは、馬鹿みたいにピュアで海外転勤に憧れてましたが、実際に仕事をはじめてみてからは『転勤とかナシだわ((((;゚Д゚))))』となったものです。

『会社に入る前』と『会社に入った後』では、とても大きな落差があって絶望した経験があなたにもあるはず。

 

それでは早速、会社からの辞令にしたがって転勤をした場合、

 

【転勤したくないと思うリアルな理由】


『結婚されている場合は奥さんや子供さんが気掛かり』

奥さんが外で働かれているならば、転勤先で新たな仕事を見つけなくてはいけないですし、慣れ親しんだ職場から離れるのは寂しいでしょう。

そして、自分たち夫婦よりも、超多感な時期である子供たちは『友達と離れるのは悲しい・・・』という状況になります。

親として一番ツラいのは、子供さえも “今の環境” をガラリと変えなくてはいけないことでしょう。

やっぱり、会社の転勤命令は、非常に残酷ですよね・・・

 

『マイホーム(家)を購入⇒転職辞令の鉄板パターン』

加えて、よく言われるのが『マイホーム(家)を購入したら、転勤を言い渡されちゃった!!』というパターン。

僕が働いていた会社でも、狙い澄まされたかのごとく、マイホームを買ったら『はい、キミ転勤ね!!』になる人が多かった。

さらには、会社の福利厚生を利用して有利なローンを組んだは良いものの、転勤が嫌だから転職(退職)を選びたくても選べない袋小路に入れられている人も少ないでしょう。

 

『結婚していなくても、自分の彼氏・彼女・友人との寂しい別れ』

また、たとえ自分が結婚していなくても、転勤によって遠くへ引っ越すことで大切な人達との別れも惜し過ぎる。

転勤先であなたが理想とする人間関係を構築するまでは時間が掛かりますし、孤独さを強く感じるのは当然のこと。

なんだか、転勤に振り回される人生は、仕事のために生きているみたいで “自分の人生に対して失礼” ですよね。

 

『親の介護を考えると、遠方への転勤はしたくない』

そして、自分の親の介護という問題もこれからは深刻化していくでしょうし、転勤によって介護がままならない状況に陥るケースも少なくないはず。

『なぜ、今のライフスタイルを捨ててまで、会社の都合に合わせて生きないといけないのか??』と怒り心頭になりますが、これがサラリーマン人生の宿命。


 

という悩みが出てくるはず。

 

一方で、単身赴任を選択することで、あなた以外には大きな難題が生じないようにできるかもしれません。

ですが、単身赴任は現代で言うところの “出兵みたいなもの” であり、一人で戦地へ赴き、家族などと会えない時間をずっと過ごすのは非常に酷。

転勤は嫌だが、断るのもイバラの道・・・

転勤 したくない 転勤したくない 断る 嫌だ 退職 転職 就活

YozaYoza

どちらにしろ、”イバラの道” なのかもしれない。

こんな風に、転勤したくない感情は、どうしても芽生えるものですよね。

 

そして、もし仮に転勤を断った場合に待っている未来というのは、

 

【転勤を断ると・・・イバラの道??】


  • 昇進・昇給に響く可能性大
  • ツマラナイ仕事ばかりを回されるようになる
  • 上司からのコミュニケーションが冷たくなる

 

でしょう。

ただし、最近の若手サラリーマンは、昇進・昇給には興味を示さずに、家に帰ってからの趣味やライフスタイルを優先しがち。

ひと昔前の世代の人から見れば信じられないかもしれませんが、むしろ今の時代は若手社員のように昇進・昇給にこだわらない生き方がシアワセにつながりやすいでしょう。

 

何はともあれ、あからさまな嫌がらせを図る会社が減ってきたとは言え、会社にとってあなたが転勤した方が都合が良いのに断られれば、あなたに対する風当たりは少なからずUPします。

悲しいことに、大半の会社は社員のことをコマだとしか思ってませんから・・・

退職する?30代以降にはツラい転職の壁。。。

転勤 したくない 転勤したくない 断る 嫌だ 退職 転職 就活

YozaYoza

歳を重ねるほど難易度が増す転職!?

それでは逆に、いっそのこと今の会社を退職し、別会社への転職をする手もありますよね。

転勤したくないから辞令を断り、だけど断ったことが原因で職場との関係が悪化する状況になるのであれば、転職してしまうのも1つの作戦。

 

ただし、これは20代くらいまでのサラリーマンにしか使える策でしかないでしょう。

やはり、30代以降ともなってくると、どうしても転職活動の難易度はグーンとUP。

自分自身が有能であれば、転職時にうまく売り込める可能性は高いですが、なかなか厳しい面が多いハズ。

 

また、転職先での給料など、会社からの待遇にあなたが満足できないパターンが次に問題化する確率もけっこうある。

加えて、慣れ親しんだ業務のスキルや経験が完全にリセットされ、ゼロから新しいコトを覚えるのは結構ハードですよね。

 

転勤したくないという気持ちからスタートして、退職⇒転職もイバラの道かもしれない恐怖と不安は何とも言えません。

※転職/就職活動の前に※ オールHAPPYな職業を狙おう!!

転勤 したくない 転勤したくない 断る 嫌だ 退職 転職 就活

YozaYoza

新卒の就職活動、遅くとも最初の転職で将来がほぼほぼ決まる!!

一昔前であれば『1つの会社にしがみついて働いていれば、将来はとにかく保証されるから・・・』という考え方が常識でした。

そのため、ここまで書いてきた【転勤のツラさ】【転勤を断るデメリット】【退職⇒転職の道】で悩む人というのは、今に比べてかなり少なかったでしょう。

しかし、現在と過去は状況が大きく異なってきています。

 

やはり、今の日本を見渡してみても、物質的な欲求が満たされている人がたくさんいます。

それだけ日本という国が経済発展をし、物質的には豊かになってきた証拠なので喜ばしいことではありますよね。

着る服や食事、住居、交通手段、スマホなどと、僕たちのライフスタイルを豊かにするモノで溢れかえっています。

 

でも、特に若い世代に顕著に見られるのが、『精神的満足度を求めたワークスタイル』です。

『自分はこのシゴトが好きなんだ』『これをやっているのが一番楽しい』『社会貢献につながっていて嬉しい』などなど。

20代だけでなく、30代の働く人々の中にもチラホラいらっしゃることでしょう。

だからこそ、『転勤したくない、もっと気持ち的に満たされたライフスタイル・ワークスタイルを手に入れたい』という感情が芽生えやすく、今日のように転勤⇒昇進・昇給を求める層が減ってきています。

 

ここまで書いてきた僕の想いとしては、『何はともあれ、”既に働いているが転職を考えている人” や “新卒で就活中の人” には精神的にも満たされたシゴトに出会って欲しい』『それまでは妥協せずに探し続けて欲しい』ということ。

転職をしたり、新卒で就職をしたり、自分でビジネスを始めたり、その時点から僕たちのミライが決定されます。

もちろん、日本に住んでいれば、精神的だけでなく、物質的にも満たされた一挙両得な働き方も狙えるでしょう。

つまり、オールHAPPYなシゴトを見つけることだって、誰にでも実現可能です。

 

 

それが、僕が発信しているブログやインターネットを使った個人ビジネスの世界。

“ネットビジネス” と聞くと胡散臭いイメージが今でも付きまといますが、僕の無料メルマガではインターネットを使ったビジネスの真実を発信しています。

ぜひ、無料メルマガへのご登録もチェックしてみてくださいね。

 

YozaYoza

オールHAPPYなミライを掴み取りたい人におすすめ。

↓無料メルマガのご登録はこちら↓