ストリートビュー 車 目撃 車のナンバー 車種

今日、ガソスタでボーッとしていたら、

Googleのストリートビュー目撃したので、

色々とレポートしてみます!!

 

ニッチな好奇心ではありますが、車のナンバー車種、中の人(ドライバー)がどんな感じかまとめておこうと思います!!

貴重なストリートビュー車を目撃!!

どうもYozaです。

 

ネットビジネスやアフィリエイトを頑張っている僕たちからすると、Google様の影響が非常に大きいものです。

この業界は、『G様のアップデート!!順位変動が激ヤバっ!!』というニュースが毎月のように激震配信されます。

普段の生活の中で、『Google(グーグル)』というワードを聞くと過敏に反応してしまいます(笑)。

 

ということもあって、職業柄、街中でGoogleのストリートビュー車を見かけると、ガッツリ注目してしまいますね。

そして、今回はガソスタで休んでいたら、ストリートビュー車が給油していたので色々と観察していました。

何かと気になるストリートビュー車について、僕が感じた範囲で書いていきますね。

ストリートビュー車のナンバーや車種は??

まず、ストリートビュー車のナンバーや車種についてですが、

 

【ストリートビュー車の特徴】


『成田ナンバー』

『スバル(富士重工業)のインプレッサ』


 

という感じでした。

 

Googleはアメリカの会社ですが、日本でのストリートビューは日本車で撮影しているようですね。

そして、世界のトヨタではなくて、スバルという選択に渋さを感じてしまいます。

将来的にGoogleは自動運転技術で世界を席巻するつもりでしょうし、もしかすると自動車業界の巨人・トヨタに敵対心がある!?

 

また、ストリートビュー車は日本中の様々な場所を走りまくるワケですし、悪路も走破できるように頑丈で力強いスバル車を選んでいるのかもしれません。

それにしても、ストリートビュー車の上に装備されたカメラがカッコイイ!!

ストリートビュー 車 目撃 車のナンバー 車種

乗っていたドライバーは普通の常識人

さて、そんな感じでGoogleストリートビュー・カーが颯爽とガリンスタンドに現れたワケですが、

 

『中の人はどんな感じ??』

 

という具合でとても気になっていました。

給油するには車から降りないといけませんし、遂に中のドライバーを拝めるチャンスが到来。

 

すると、野球帽をかぶった普通のオジサンが出てきました(笑)

案外、ストリートビューの撮影の仕事は、普通に募集をかけて採用している感があります。

採用の求人なんて見たことないですが、どこかにありそうですね。

 

で、タバコ休憩のためにガソスタの中へ入ってきたストリートビュー車の中のオジサン。

服装はいかにも私服という感じで、堅苦しさが一切ない格好でした。

 

まぁ、Googleのストリートビュー車といえど、中の人はフツーということです。

僕の予想としては、Googleだけにサイエンティストな白衣のドライバーがやってそうな想像をしていましたが、全く違うという。

まとめ-なぜかボコボコのGoogleストリートビュー車

ストリートビュー 車 目撃 車のナンバー 車種

という具合で、本日は偶然にもストリートビュー車を見物できた貴重な一日でした。

 

それにしても、なぜか気になるストリートビュー車の『ボコボコしたボディ』。

↑の画像の赤枠のように、凹んでいる部分が多いストリートビュー車。

何かと戦っているのでしょうか??

農道や山道でイノシシと対峙することもあるのかもしれません。

 

しかも、Yahoo!虫眼鏡でチェックしてみると、

ストリートビュー 車 目撃 車のナンバー 車種

↑のように、『ストリートビュー 車 ボコボコ』というキーワードで検索されている模様。

 

つまり、至る所で目撃されているストリートビュー車は、車両がボコボコであるケースが多いみたいです。

ネット上にUPされているストリートビュー車の画像でもボコボコですし、見た人のほとんどがボコボコの理由が気になっていそう。

もしかすると、経費削減で安売りされている車を使って、ストリートビューを撮影しているのかもしれませんね。

 

飽くまでもストリートビュー車が事故りまくっているワケではないでしょう、恐らく。