YozaYoza

僕もある意味、就活で失敗しましたが・・・

僕が就活生時代にもあったのが、新卒逃したら人生終了という風潮。

でも、就活失敗したからといって、人生が終わりを意味すると考えるのは短絡過ぎ。

 

確かに、新卒じゃないと就活すらできない会社もありますが、良い会社に入るだけが人生ではありません。

そんな悩みに何かしらの助けになればと思い、僕の体験談を書いていきますね。

 

新卒を逃したら人生終了なワケない!!

YozaYoza

当時の就活シーズンでも、

新卒を逃したらオワリ的な風潮はありました。

まず、僕は現在、会社を辞めて独立の道を歩んでいます。

ですが、元々は自動車メーカーでサラリーマンとして働いていました。

大学を卒業して、『新卒+学校推薦という鬼に金棒状態』で、第一希望の会社にスムーズに就職はできました(面接は苦労しましたが・・・)。

確かに、自動車メーカーともなると、日本を代表する企業ばかりなので厚生制度とかは良かったように記憶しています。

 

しかし、僕が希望していた部署には配属されず、まったく今までの自分とは畑違いの業務内容をやることになったんですよね。

そもそも、電気電子系の学科を卒業し、プログラミング系をやってきた僕は車載コンピューター系の部署に行くことを強く希望。

でも、蓋を開けてみると、意味の分からない機械系の部署への配属でした。

 

即座に、その時点ですぐに転職を考えました。

いわゆる、新卒で当初の希望通りの会社に就職できたけど、中に入ってみてやっぱりココじゃないというパターンでの失敗。

会社の安定性や福利厚生には優れていても、自分が好きでもなく、やりがいの感じられない仕事を延々と続けるのは今の若者にとって苦痛でしかありません。

『コンピューター系の仕事がしたいのに、なんで機械系の仕事なんですかっ!?』みたいな感じでした。

もちろん、希望の会社に就職できなかったというパターンの就活失敗もあるでしょう。

 

詳しくはこちらの記事でも書いていますが、

→大企業を辞めたい!新卒新入社員の僕が辞めた理由に後悔はない!

僕はその会社を退職することにし、新卒じゃない状態(第二新卒の扱いになる??)になりました。

新卒じゃないと就活すらできない会社ばかり

YozaYoza

新卒偏重な日本社会ではありますが・・・

で、アルバイトを続けながら、次に就職する会社を探し始めました・・・というワケではなく、

 

『改めて求人票を見ると、新卒じゃないと入れない会社がけっこう多い』

 

という状況でした。

もちろん、会社を選ばなければ、新卒でなくても就職できる会社はたくさんあります。

 

しかし、仕事が毎日のライフスタイルの大部分を占めますし、そんなカンタンに適当な会社に入るのは人生を棒に振るリスクが大き過ぎますよね。

日本は海外とは特殊で、新卒偏重で会社は社員を募集している傾向が強い。

中には募集人数が多いので、フィルタリングのために新卒限定にしている会社もありますが、日本での就活において一番の武器は新卒というプラチナチケットです。

 

とは言え、新卒かどうかで誰を採用するか決める、そんな会社というのは時代遅れの考え方だと思っていますし、企業は人材があってこそ成り立つもの。

だから、入りたい会社が新卒限定で、もしあなたが新卒ではないから就活すらできないことを悔やみ過ぎることはありません。

『そんな会社はこちらから願い下げ。』というスタンスで、堂々と生きることをオススメします。

 

そして、新卒じゃないと就活が厳しくなる現状があるとは言え、仕事は会社で働くことだけが全てではありません。

今の時代では、インターネットが発達してきたおかげで、小さな個人でもビジネスを立ち上げていけることができます。

会社で働くことは安定志向の印象が強いですが、ここ数年でも大企業の経営が傾いているように、正直なところ企業に頼り切るのは危険ですよね。

 

さらに、

 

『自分でビジネスを作っていく』

=『あなたが自由に好きなようにワークスタイル(ライフスタイル)を設計できる』

 

というメリットがかなり大きいです。

その1つの手段が僕がやっているようにブログで稼ぐことですし、自分で仕事を生み出せるようになるとビジネスはどんどん楽しくなっていきます。

 

具体的には、

 

【自分でビジネスをできるメリット】


  • 朝起きる時間も、夜起きる時間も自分で決められる。
  • 1日に働く時間の長さもモチベーション次第で自由に決められる。
  • あまりノリ気じゃない日は、急遽、休日に変更してもOK。
  • 稼ぎたいときは思いっ切り働ける。

 

こんな風に自分で自分の仕事をコントロールできると、あなたが好きなように人生の毎日をカスタマイズできます。

また、副業解禁の声が高まっていますし、ひとまずはどこかに就職してみて、副業という形で個人がビジネスを軌道に乗せて独立する道もやりやすくなっています。

 

何はともあれ、新卒で就活に失敗したからといって『これからさき死ぬまでずっとダメなんだ・・・』と、人生終了を決めつけるのはモッタイナイ生き方ですよ。

『新卒のチャンスを逃したら・・・』という不安な気持ちになるのは分かりますが、案外、人生はどうとでもなるのでリラックスして就活や転職をしてみてください。

絶対、リラックスして臨んだほうが、就活も何事もうまくいきやすいですから。

そして、会社で働くことが合わないのなら、自分でビジネスをやっていく方法もちゃんと残されてしますしね。

失敗は自分の人生に妥協すること。

YozaYoza

新卒で失敗しても、妥協しなければ道は開ける。

ここまで、体験談を交えながら僕の考えを書いてきましたが、新卒での就活に失敗したからといって人生が終了なワケありません。

一番の失敗は、そのまま自分の人生に妥協することだと思います。

新卒ということはまだ20代でしょうし、寿命が伸びてきた人生100年時代だけに挽回はまだまだ余裕でしょう。

 

入りたかった会社が新卒オンリーでの募集だと、最初は心が痛むとは思います。

でも、だからといって人生終了を想像するのではなく、『希望していた会社よりもっと良い場所が自分にはあるはず』と信じて妥協しないことが大切。

 

僕は新卒入社時点では幸せでしたが、実際に職場で働き始めてから絶不幸でした。

必ずしも、あなたが今入りたいと思っている会社がNo.1で幸せであるケースは稀です。

富士山と一緒で、遠くから眺めると綺麗だけど、近くへ行ってみるとゴミが落ちててけっこう汚いパターンと同じです。

 

僕みたいに、新卒での就活失敗が、もしかすると更にHAPPYな道に繋がっているかもしれませんし…

自分の人生に妥協せずに、どんな働き方をしたいかを探していけると良いですね!!

まとめ-新卒で就活を失敗しても大丈夫

YozaYoza

就活で失敗しても、色々とやりようはある。

今回は、『新卒を逃したら人生終了』ってよく言われるけど、そんなことはなく寧ろそれがラッキーになることについて書いてきました。

僕は希望通りの会社に入社できましたが、配属された職場が自分とマッチしなくて絶望。

だけど、逆に自分でビジネスを立ち上げる(僕の場合はブログでした)ことになり、今では会社員生活では手に入らないような自由なライフスタイルを送れています。

 

人生が終了するのは新卒での就活に失敗することではなく、自分の人生に妥協し始めることが失敗だと思います。

新卒じゃないと就活すらさせてもらえないような会社は、最初から願い下げのマインドで日々を過ごしていけると良いですね。

 

そして、僕の無料メルマガでは、『ブログで自分のビジネスを立ち上げること』について学ぶことができます。

ぜひ、メールマガジンへの登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

メルマガでブログを学び、あなたらしい働き方を作っていきませんか??

↓無料メルマガのご登録はこちら↓