YozaYoza

気になるキーワード数や出現率は、実際のところどうすれば??

SEO対策基本として、僕なりに個人的な意見を記事にまとめてみました。

キーワード入れ方として、使用回出現率は気を付けたほうがいいのか??

 

SEO対策の基本を押さえた記事書き方を解説していきます。

※ただし、僕の経験上での話なので、唯一の正解というワケではないことをご了承くださいね。

 

【本記事のカンタンな結論】


  • 記事タイトルにはキーワードを入れておくべき。
  • 見出しにもキーワードを使っておくべき。
  • キーワードの出現数や出現率はあまり気にしない。

 

【SEO対策の基本】キーワードの入れ方の重要性

YozaYoza

検索エンジン(Google)のコンピューターに、

『◯◯について書いた記事です!!』

というのを伝えよう。

SEO対策と聞くと、何やら難しい印象を持ってしまう人も多いでしょう。

Googleが検索エンジンとして独占状態にある現在、いかにGoogleの指標にマッチした記事を投稿していけるかで上位表示のしやすさが変わってきます。

 

ここで、SEO対策の目的についてカンタンに説明しておくと、

 

【SEO対策の注意点は??】

  1. Google(機械)に理解してもらいやすい記事の書き方
  2. 読者(ブログやサイトの訪問者)に喜んでもらえる記事の書き方

 

ということですね。

 

要するに、Googleのコンピューターが『あなたの記事は◯◯について書いた記事なんですね!!』というのが、しっかり伝わるようにすること。

加えて、ユーザー(記事を読みに来てくれた人)の目線に立って、『どんな記事構成で、どんな説明の仕方ならわかりやすいか??』を重要視すること。

この『1. Googleに理解してもらいやすい記事の書き方』と『2. 人からも喜んでもらえる分かりやすい記事の書き方』の両方でもって、SEO対策だと言えますね。

 

本来であれば、『2. 人からも喜んでもらえる分かりやすい記事の書き方』だけを頑張っていればOKなのですが、以下に書いていくようなSEO対策の基本を実践していかないと、Googleからの評価が高まりにくくなります。

 

そうなると、どれだけ人から喜んでもらえる素晴らしい記事を書いてもブログ集客で失敗しやすくなるので、ぜひ以降の基本(キーワードの入れ方etc)をマスターしていきましょう!!

 

※『どうやったら人に分かりやすい、喜んでもらえる記事を書けるか??』についても紹介したいのですが、この記事では最低限やっておくべき『1. Googleに理解してもらいやすい記事の書き方』に焦点を絞ってお伝えします。

【1】記事タイトル内のキーワードについて

YozaYoza

狙うキーワードを記事タイトルに必ず含めよう!!

まず、記事タイトルついて説明をしていきますね。

 

現在のSEO対策として、記事タイトルにあなたが選んだキーワードをしっかり含める必要があります。

どういうことかと言うと、Googleは機械であなたの記事を解析していて、記事タイトルに含まれている言葉(キーワード)を見て『どんな内容の記事なのか??』を大まかに把握しています。

GoogleがどのようにWeb記事を調べて評価しているのかは非公開になってますが、どんな検索結果を見比べてみても記事タイトルにターゲットキーワードが入っているブログが上位表示していることは否めません。

 

コンピューター技術がもっと進化していけば、記事タイトルにキーワードが入っていなくても文章内容を機械が理解してくれる時代が来るかもしれませんが、今のところはまだ難しいのが現状です。

だからこそ、好き勝手に記事タイトルを作ってブログを更新していても、アクセスがまったく集まらない事態はカンタンに起こり得るということ。

 

もちろん、記事タイトルにキーワードが入っていなくても、その検索キーワードで上位表示できることはよくあります。

でも、キーワードをタイトルに含めるか、含めないかで、大きなアドバンテージが発生するので記事タイトルにはキーワードを含めておきましょう。

 

また、できれば記事タイトルの文字数は、28~40文字の間に収まると尚良いですね。

Googleとかで検索した際、検索結果には記事タイトルの一覧がズラッと並びますが、記事タイトルが長すぎると後半部分が表示されないケースが多い。

記事タイトルが見切れてしまっていると、検索ユーザーへのアピール力が小さくなって読みに来てくれる確率が下がりやすいですからね。

【2】記事本文の書き方について

YozaYoza

見出しにキーワードを入れておくことと、

5~10回くらいは使用しておこう!!

続いて、記事本文の書き方についてはどうなのか??

続いては、こちらに関してキーワードの入れ方だったり、使用回数・出現率について解説していきます。

 

最初にカンタンにまとめておくと、

 

【記事本文の書き方】

  • キーワードの数は自然な流れで、5~10回くらい使用してあればOK(多ければ良いというワケじゃない)。
  • 見出し(h2タグ、h3タグ、h4タグ)にキーワードを使っておく。

 

という具合です。

それでは、詳しく入っていきますね。

キーワード数・・・出現率は無視?出現回数は10回くらい?

YozaYoza

それなりに自然な形でキーワードを使っておこう!!

まず、キーワードの数についてですが、確かにそのキーワードを沢山使えばGoogleにアピールしているようにも感じますよね。

しかし、5回とか10回とか、自然な文章の流れの中で登場するくらいで大丈夫です。

 

そして、その検索キーワードについてわかりやすく記事を書くと、自然な形でキーワードが文章内に含まれていくはず。

僕の場合は、キーワードの数に固執するのではなく、ナチュラルでフラットな気持ちで記事を書いていき、5回以上くらいはキーワードが使われていれば良しとしています。

Googleはキーワードの数を重視して記事の評価をしているワケじゃないので、ユーザー目線で書いてみた結果のキーワード数で大丈夫ですよ。

見出し(h2タグ、h3タグ、h4タグ)にキーワードを入れる

YozaYoza

見出しにキーワードを入れておくことも、

しっかり押さえておこう!!

ただし、ターゲットキーワードを見出しに1回は入れておくことは意識してください。

これは、↑の記事タイトルのセクションでも書いたように、見出しにもキーワードが入っていると、Googleからの評価が高まりやすくなります。

 

Googleは記事を評価する際、記事タイトルだけでなく見出し(h2タグ)に入っているキーワードも見て、『◯◯について書かれた文章である』という判断をしているのが通説。

要するに、Googleの機械にフレンドリーな記事にしてあげるということですね。

 

ここまで書いてきたように、

 

【記事タイトル】と【見出し】の両方でキーワードを使ってあげれば、基本的なSEO対策ができている

 

と考えて良いでしょう。

【まとめ】SEO対策の基本を押さえたら、あとはユーザー目線で!!

YozaYoza

↑の基本的なSEO対策を把握したら、

ユーザー目線で記事を書いていきましょう。

いかがだったでしょうか??

今回は、SEO対策の基本として、

 

【SEO対策の基本】

  • 記事タイトルにはキーワードを含めることが大切。
  • 見出しにもキーワードを入れておくべき。
  • キーワードの出現数や出現率は、記事を書いてみた自然な形で大丈夫。

 

ということについて解説してみました。

 

SEOはGoogleのアルゴリズムによって今後も変化していきますが、どんどん機械の性能がUPしてきています。

なので、基本的には、記事タイトルと見出しにキーワードが入っていれば、あとはユーザー目線で記事コンテンツを用意していけば大丈夫でしょう。

 

そして、僕の無料メルマガでは、自由なライフスタイルを送るために『ブログで稼ぐこと』について学ぶことができます。

ぜひ、メールマガジンへの登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

メルマガでブログを学び、自由なライフスタイルを送ってみませんか??

↓無料メルマガのご登録はこちら↓