映画 関ヶ原 評価 感想 泣いた女優

2017年8月26日(土曜日)が公開日となった映画関ヶ原』。

石田三成役の岡田准一さんが主演で、徳川家康役が役所広司さん、その他キャスト陣も超豪華な本作品。

 

さっそく、映画関ヶ原評価感想をまとめてみました。

 

ちなみに、撮影本番で泣いた女優は有村架純さんかも・・・

【映画】関ヶ原の評価はどう??

まず、誰もが学校の授業で習ったことのある日本史の中でも、特に有名なポイントの1つが関ヶ原の戦い。

豊臣秀吉がお亡くなりになり、徳川家康の時代の幕開けとなった “まさに歴史が動いた” 系のターニングポイントですよね。

こういった史実に基づいた映画では、ストーリー展開よりもどういったことを鑑賞者に伝えるかが作品としての評価が別れるかと思います。

 

実際に『関ヶ原』を昨日観てきましたが、【石田三成の人となり】をメインに様々な登場キャラの人生を描いた映画かなと思います。

そして、徳川家康(役所広司さん)の『人の人生は紙一重』的なセリフが、僕の心のなかで深く印象に残っています。

小早川秀秋(東出昌大さん)が優柔不断でプランプランしている中、ほんの少しの要因で勝利側につけたストーリーなんかは、本当に人生は些細なことで大きく左右されるのだと。

 

また、伊藤歩さんが演じた阿茶(あちゃ)も良い感じで徳川家康のそばで活躍していましたが、ふとした瞬間に気を抜いて・・・人生が終わりになるという。

伊藤歩さんは、映画『昼顔』でも怖い怖い乃里子(のりこ)を高い演技力で演じていましたし、関ヶ原でも存在感のある女優さんでしたよ。

 

あと、赤耳(中嶋しゅうさん)がうまい感じで徳川家康の本陣に忍び込み、暗殺できそうなところでダメだったというシーンも。

そんな具合で、映画『関ヶ原』はそういった人生観をうまく表現していて、素敵な映画であると評価できるはずです。

 

加えて、関ヶ原の合戦では大人数で迫力のある戦場シーンでしたし、有村架純さんのアクションシーンもカッコ良かったですよ。

 

ただ、普段からNHKの大河ドラマなどの時代劇を観ていないと、関ヶ原の映画のセリフをうまく聞き取れないかもしれませんね。

やはり、映画の世界観をつくるためにも、作品の中で発せられるコトバは現代風ではないので。

その点、あまり歴史系のドラマや映画に疎い人にとっては、映画『関ヶ原』のセリフがわからなくて評価が低いかもしれません。

僕も最初の方では、石田三成の『不義』などのセリフが聞き取りにくかったです。

家でヘッドホンを付けて観ていれば、けっこう変わったかもしれませんね。

【感想】関ヶ原の映画を観て感じたこと

という具合が、映画『関ヶ原』の個人的な評価なのですが、続いて感想を書いていきたいと思います。

 

関ヶ原の作品全体を通して、一番目立っていたのが石田三成(岡田准一さん)の “義” を大切にし過ぎるところではないでしょうか??

映画の中で描かれた “石田三成の人として” の部分は、多くの人たちから好かれるような印象です。

『不義がまかり通ってはいけない』とアツく熱弁する石田三成のシーンが多く、また家来への愛情も深すぎます。

 

でも、天下分け目の戦いなどで勝つには、ズルくても良いから知略的なこともできないと非常に厳しい。

逆に、徳川家康(役所広司さん)はその点もうまくバランスを取りながら、自身の野望の実現へと舵取りがスムーズな印象です。

 

純粋すぎる武将・石田三成は人として尊敬できるかもしれませんが、現実世界では野望への汚さも必要だと思いますし、正義は人の立場によって変わるので『正義、正義!!』じゃ思い通りにならないですよね。

現代社会でも、正義ばかりを振りかざしている人のほとんどは疲弊していたり、上手く行っていない印象です。

泣いた女優は有村架純さんかも・・・

ところで、映画『関ヶ原』は作り込みがめちゃくちゃハンパないので、撮影中の厳しさがかなりあったようですね。

そして、泣いた女優さんがいるらしく、もしかしたら有村架純さんかもしれません。

 

どちらかと言うと、有村架純さんがこれまで演じてきた役には悪女とかもありましたが。汚れたり、戦闘的なシーンだったりはあまり無かったですよね。

でも、関ヶ原の映画ではドロンコ状態になったり、戦闘シーンもあったりと、有村架純さん的には初めての厳しい役どころだったかもしれません。

 

なので、関ヶ原の撮影中に泣いた女優は、有村架純さん説が有力かもしれません。

まとめ-映画『関ヶ原』の評価&感想

最後に、映画『関ヶ原』の評価・感想記事のまとめです。

 

やっぱり、僕の中では、正義/不義や理想を語り、純粋で真っすぐな生き方はオススメできないと思いましたね。

けっして、そういう生き方がダメというワケではありませんが、野望や狡猾さの要素も兼ね備えないと生きていくのは大変かなと。

 

映画『関ヶ原』で描かれたのと同様に、僕たちの人生も義や理想を強く語ってもダメなケースは頻繁にあります。

 

僕も会社員時代は、自分の理想を語っても何も聞いてもらえなかったですし、実際問題として社会ってそんなものです。

でも、人生を創っていくのは自分自身ですし、そういった理想の道を切り拓くためのヒントを無料メールマガジンで発信しています。

よかったら、メルマガの方もチェックしてみてくださいね!!

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!