サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

※ダウンロードしたキーワードが文字化け・・・

 

サーチコンソール検索アナリティクスからキーワードダウンロードすれば、

アクセスが来ているキーワードを解析できますよね。

 

しかし、ダウンロードしてパソコンで開くと文字化けしているはず。

今回は、キーワードの文字化けを解決する方法を解説します!!

まずは検索アナリティクスのデータをダウンロード!!

“サチコ” ことGoogle Search Consoleはインデックス促進機能だけでなく、あなたのサイトに訪れたユーザーが『どんなキーワードで検索してきたか??』も分かります。

 

もちろん、Google Analytics(グーグル・アナリティクス)でもオーガニック検索のデータを覗き込めば、ユーザーの検索キーワードが把握できますよね。

しかしながら、大半のオーガニック検索ワードが “not provided” となって明確な解析ができません。

 

そこで、大活躍してくれるツールが『サーチコンソールの検索アナリティクス』。

ということで、さっそくサーチコンソールから検索アナリティクスのデータをダウンロードしてみましょう。

 

サーチコンソールの検索アナリティクス・キーワード

まず、サーチコンソールにアクセスをしてみると、以下のような初期画面ですよね。

ここで、あなたの【サイトのURL】をクリックしましょう。

 

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

そして、【検索トラフィック】をクリック。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

そのまま【検索アナリティクス】をクリック。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

すると、以下のようにあなたのブログ/サイトに訪れたユーザーが、“どんな検索キーワードを打ち込んで” アクセスしてくれたかが分かります。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

さらには、↓の画像のように、【クリック数】、【表示回数(検索エンジン上で)】、【CTR(クリック率)】、【掲載順位(検索エンジン上の)】といった詳細なデータも解析できますよ。

 

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

で、基本的にブログが育ってくると、大量のアクセスが集まるようになりますよね。

そして、その分だけ検索アナリティクスのキーワードデータが膨大になります。

すべての検索アナリティクスデータをゆっくり見たいでしょうし、エクセルデータとしてダウンロードしてみましょう。

 

左下の方にある【ダウンロード】をクリックですね。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

CSVにチェックを入れたまま、OKでお願いします。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

いつものように、CSVファイルがダウンロードされたはずなので、開いてみましょう。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

しかしながら、キーワードが文字化けしていて、何の検索キーワードでアクセスしてきたのか読めない状態。

ということで、この “文字化けキーワードデータ” が読めるようになる解決策を次の小見出しで説明します。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

【解決策】サーチコンソールのキーワードが文字化け

それでは、文字化けしてしまった検索アナリティクスのキーワードを修正する方法です。

 

まずは、先ほどダウンロードしたCSVファイルを【プログラムから開く】⇒【メモ帳】で開きましょう。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

このとき、↑の文字化け状態とは打って変わって、キーワードを綺麗に読むことができます。

ただし、改行などがなく、すごく見辛いですが・・・

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

ここで、【ファイル】⇒【名前を付けて保存】を押します。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

そして、文字コードで “Unicode” を選択して保存してください。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

さらに、この保存したUnicodeのテキストファイルの全文字列を、エクセルに貼り付けます。

また、一番左側の縦列すべてを選択してください。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

その状態で、【データ】⇒【区切り位置】の順番でクリック。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

すると、↓このような窓が開きます。

『カンマやタブなどの~』にチェックを入れた状態で、【次へ】ボタンを押します。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

続いて、【カンマ】だけにチェックを入れて、【次へ】ボタンを押します。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

最後の画面では、そのまま【完了】でOKです。

サーチコンソール 検索 アナリティクス 検索アナリティクス キーワード 文字化け ダウンロード

 

以上までの作業によって、検索アナリティクスのキーワードデータが読めるようになっています。

文字化けしていたキーワードがちゃんと見れるので、ウェブサイトの運営で重宝しますね!!

まとめ – サーチコンソールでアクセス解析

いかがだったでしょうか??

 

今回は、『せっかくの検索アナリティクスデータが文字化けしていて見れない!!』という不便なシーンの解決方法を説明してきました。

結局は、文字コードというパソコンのルールが合っていなかっただけであり、一手間を掛ければ便利なデータセットに早変わりです。

 

ぜひ、『集客が上手くできているキーワード』と『そうでないキーワード』を解析して、SEO対策や記事投稿の今後の指針として活用してくださいね。