映画 散歩する侵略者 最後 ネタバレ 評価 感想 口コミ

YozaYoza

ふつうに面白いです!!

映画散歩する侵略者の公開が2017年9月9日にスタート!!

 

SF系映画が好きなので、さっそく観てきましたが “オモシロっ!!” というのが僕の口コミです。

最後ネタバレと併せて、映画散歩する侵略者』の評価感想をまとめてみました!!

 


【ラストのネタバレ対策】

記事の後半では結末のネタバレをしていますが、事前に【注意】を促しますので安心して読み進めていただけます。

 

【映画】散歩する侵略者の感想は??

映画 散歩する侵略者 最後 ネタバレ 評価 感想 口コミ

YozaYoza

水面下で地球侵略してくるパターンもある・・・

『宇宙人が地球に侵略してくる!!』

 

というハナシは、日本だけでなく世界中でも話題になるネタですよね。

テレビ番組でも頻繁に取り上げられますし、【宇宙人の侵略】について考えてたらホントに現実化しそうですが・・・

 

でも、基本的に多くの人達がイメージする宇宙人の侵略と言えば、UFOとか大きな宇宙戦艦でやってきてレーザー光線で地球を焼き尽くすイメージ。

もしくは、今年公開された映画『メッセージ』みたいにやって来るタイプ。

 

しかし、映画『散歩する侵略者』では、水面下で人間に宇宙人が乗り移って地球を侵略するケース。

何十億人もの人口がいる地球上で、たった数人に乗り移られると分からないですからね。

 

そして、人間としての生き方や概念のない宇宙人にとって、なかなか人間社会に馴染めない、そんなシーンがたくさんある『散歩する侵略者』。

個人的に、そういった面白シーンが好きで、映画『散歩する侵略者』は終始、笑える作品かなと思いますね。

 

あと、普段の生活でも、『???』な行動を取る人をちょくちょく見かけますが、アレももしかすると宇宙人が入っている!?

【評価】散歩する侵略者の出来栄えを口コミ!!

映画 散歩する侵略者 最後 ネタバレ 評価 感想 口コミ

YozaYoza

最初から最後まで飽きること無く観れました!!

そんな感じで、映画『散歩する侵略者』は真面目なシーンが時折ありつつも、面白いシーンがたくさんありました。

 

ストーリー的にもシンプルでわかりやすくて、

 

【別々のストーリー進行】


  • 『加瀬鳴海(長澤まさみ)、加瀬真治(松田龍平)』 側
  • 『桜井(長谷川博己)、天野くん(高杉真宙)、立花あきら(恒松祐里)』 側

 

が途中まで別々で進行していきますが、観やすくてスムーズに楽しめますね。

 

そして、加瀬真治(松田龍平)、天野くん(高杉真宙)、立花あきら(恒松祐里)の宇宙人3人衆に概念を奪われた人達の行動がとても笑えます。

確かに、人間から “たった1つでも概念を奪うと・・・” おかしな行動を取ってしまうのは致し方ないこと。

ある意味、宇宙人が概念を奪いまくるだけでも、地球侵略はできるんじゃないかと思いますね(笑)

 

笑いのシーンあり、真剣なシーンあり・・・と、『散歩する侵略者』は最初から最後まで飽きずに観られる映画だと評価できますよ。

 


※以降では、結末のネタバレがあります。

 

最後のネタバレは?ラストシーンはこんな感じ!

YozaYoza

ラストシーンはよくわからない??

最後に、映画『散歩する侵略者』のラストシーンのネタバレについてです。

 

この映画では、宇宙人が地球を侵略する前提でストーリーが展開されていきますが、最後の最後で侵略はストップされます。

ラストパートでは、メテオみたいなやつ??が地球に降り注いできますが、結局は地球人が滅亡することはありません。

 

というのも、加瀬真治(松田龍平)が加瀬鳴海(長澤まさみ)から【愛の概念】を奪ったことで、宇宙人が1つ賢くなったことによるっぽい。

もちろん、人類はこの映画の世界で(僕たちの現実世界でも)、おびただしい数の問題を抱えていますが、そういった問題を解決するためにも改めて考えさせられた、という終わり方。

 

『愛は世界を救う』的なメッセージが、映画『散歩する侵略者』に込められています。

ただ、加瀬鳴海(長澤まさみ)が、【愛の概念】を奪われたのに脳みその中に【愛の概念】は残されており、ラストのシーンでは原因不明の状態でボーッとしている理由があまりわからなかったですね。

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!

 

YozaYoza

無料メルマガのご登録はこちらから!!