アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

YozaYoza

大規模サイトやブログが主流になっていますが、

ペラサイトもまだ行けます。

アフィリエイトには数多くの手法があり、その中の1つがペラサイトです。

 

今回は、『ペラサイトとは??』という初心者にも分かりやすい地点から、

大まかな作り方(WordPress式)を書いていきます。

 

2018年もペラサイトで稼ぐことは一応、可能です。

 

【ペラサイトで稼ぐ手順】


  1. ASPで新規案件(新しくスタートした案件)を見てみる。
  2. その案件が売れるであろうキーワードのライバルチェックをする。
  3. WordPressでサイトを構築して、トップページを固定ページで書く。
  4. 検索順位がつく(1~2週間くらいが目処)。
  5. そして、検索順位が10位以内にランクインしたら、トップページを書き足してコンテンツを強化する。
  6. もしも、あまり上位表示できなかった場合は小規模サイト(トップページ+個別5~10~記事くらいの規模)に作戦変更して、個別ページを書き足したり、被リンクを当てたりする。
  7. 肝は1~2のフェーズであり、新規案件=ライバルがいない or 少ない場所かつ、報酬単価が高め(1件2,000円以上がおすすめ)の案件を狙うことです。

 

2018年も稼げる?アフィリエイト手法の1つ、ペラサイトとは?

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

YozaYoza

そもそもペラサイトとは??

2018年も使える??

まず、『ペラサイトとは??』という初歩的なところから話を進めます。

 

たとえば、僕のこのブログ(https://master-yoza.com)には、たくさんの記事が投稿されていますよね。

2018年2月現在では、200記事以上のコンテンツが入っています。

 

一方でペラサイトは、1記事だけしか投稿されていないサイトのことを指します。

まさに、ペラサイトのペラというのは、『紙が1枚だけのペラッペラ』という意味で使われるときの “ペラ” です。

 

一昔前のアフィリエイト手法では、このペラサイトをひたすら量産するノウハウが流行っていました。

僕がアフィリエイトを本格的に始めたころは、ペラサイトの手法に取り組む人は少なくなってましたが・・・

そのため、『ペラサイトでは稼げない』という声をよく聞くようになっています。

 

加えて、ペラサイトは検索エンジン(Google)からも評価されにくいですし、検索結果で上位表示できない確率が高いんですよね。

アフィリエイトでは、狙ったキーワードで上位表示できなければ稼ぐことはできませんし、ペラサイトは稼ぎにくくなっている現状があります。

 

しかし、厳密にはペラサイトで稼ぐことは、一応は現在も可能です。

 

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018


アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

 

↑こちらは僕が運営しているペラサイトですが、毎日少しだけのアクセスがあることが分かりますよね(~20人/日くらい)。

そして、狙ったキーワードからの流入なので少ないアクセス数でも、月に数万円の報酬が発生してくれています。

※1件2,000円くらいの案件と、1件9,000円くらいの案件を同一ページでアフィリエイトしています。

 

このサイトでは、トップページの1記事だけを書いた後に、ソーシャル楽天に投稿して少しだけPVが入るようにしました。

元々、ライバルサイトがほとんどいないキーワードだったので、うまく?運良く?上位表示をしてくれて今日に至ります。

また、↑のサイトは被リンクなしなので、一応はホワイトハットなペラサイトでもあります。

 

以上のような具合で、

ペラサイト、つまり、たった1記事書くだけで月収数万円の資産ができるのであれば、かなり美味しい話。

 

ただし、割りとラッキーだったから上手くいっただけで、毎回狙ってやっても大体の確率でハズレます。

とは言え、安いドメインを購入して、何度もトライしていけばどれかが当たるはずという感じですね。

サーバー代もたかが知れていますし、今後もチャンスを探して取り組んでいく気満々です。

 

こんな風に、『ドメイン代+サーバー代+1記事を書く労力』というコストと、毎月数万円が発生することを考えれば、挑戦する価値はあるかなと思います。

WordPressでのペラサイトの作り方とは??

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

YozaYoza

僕はWordPressでペラサイトを作ってます。

さて、ペラサイトの作り方についてですが、昔からシリウスというツールを使って作成する人が多いです。

もしくは、WordPressでサイト構築をする人もいますね。

 

で、僕の場合はWordPressでペラサイトを作っていて、固定ページをフロントページに設定する感じです。

ちょうど、こちらの画像みたいな設定をWordPressにしています。

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

 

WordPressのダッシュボード画面で、

 

【1.設定】⇒【2.表示設定】⇒【3.固定ページにチェック】⇒【4.作成した固定ページを選択】

 

という流れです。

 

↑の例では賢威のテンプレートを使ってますが、カラフルというテンプレートもちょくちょく使っていますね(これは好みで選んでOK)。

→ペラサイトのテンプレート(ワードプレス)は『カラフル』がおすすめ!

 

以上のように、固定ページで1記事だけコンテンツを書いて、フロントページに設定することでWordPressのペラサイトを作っています。

ちなみにですが、僕は未だにシリウスを使ったことはありません。

被リンクなしのペラサイトで稼ぐならリサーチが肝。

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

YozaYoza

誰も気付いていない商標案件をアフィリエイトする。

【ペラサイトで稼ぐ手順】


  1. ASPで新規案件(新しくスタートした案件)を見てみる。
  2. その案件が売れるであろうキーワードのライバルチェックをする。
  3. WordPressでサイトを構築して、トップページを固定ページで書く。
  4. 検索順位がつく(1~2週間くらいが目処)。
  5. そして、検索順位が10位以内にランクインしたら、トップページを書き足してコンテンツを強化する。
  6. もしも、あまり上位表示できなかった場合は小規模サイト(トップページ+個別5~10~記事くらいの規模)に作戦変更して、個別ページを書き足したり、被リンクを当てたりする。
  7. 肝は1~2のフェーズであり、新規案件=ライバルがいない or 少ない場所かつ、報酬単価が高め(1件2,000円以上がおすすめ)の案件を狙うことです。

 

さて、ペラサイトで稼ぐためには、一番大切なことはリサーチ力だと僕は思っています。

僕は、↑の手順でペラサイトを作っていますが、最初の手順1~2のリサーチが肝心。

 

なぜならば、【ペラサイト=たった1記事のコンテンツ】なので、Googleからの評価は上がりにくいんですね。

もちろん、その1記事は5,000文字~1万文字くらいのコンテンツなので、中身としては濃いものに仕上がっていますよ。

だけど、1記事だけで構成されたサイトですし、『どれだけライバルが少ないか、できれば皆無か』が大切。

 

先ほど↑で紹介したペラサイトは、ライバルがゼロのキーワードなのでたった1記事でも上位表示してくれた次第です。

 

で、ペラサイトで稼ぐにはちゃんと売れていくアフィリエイト案件を選ぶことも重要であり、そうじゃないと上位表示しても収益が発生しません。

つまり、売れるアフィリ案件を見つけ、さらにはその商品が売れるキーワードかつライバルが居ない場所を探す必要があります。

このように、かな~りニッチな場所を見つけるためにも、リサーチが命だということ。

 

ただ、ペラサイトで上位表示できない場合は、被リンクを当てたり、個別記事を5~10記事投稿したり・・・必ずしもペラサイトにしておく必要はありません。

僕も、↑で紹介したサイトはたまたまペラサイトでも上位表示できたので、被リンクを当てたり、個別ページを書き足したりしていない感じです。

要するに、リサーチもしっかりやったし、さらには運も味方になってくれたお陰で、ペラサイトでも稼げている状態。

 

なので、基本的には『小規模サイト(トップページ+個別記事5~10~くらい)』+『被リンク』で構築する前提で攻める、というマインドが大切です。

僕は、トップページだけを作って投稿してみて、Googleにインデックスされた時の順位が1ページ目に入ってくれた場合のみ、そのままペラサイトとして攻めていく感じですね。

もしも、2ページ目以降の検索順位だったら、個別記事を付け足しつつ、様子を見ながら被リンクを打つスタイルです。

 

ペラサイトでも稼げそうな場所をがっつりとリサーチしておけば、ペラサイトでは上位表示しにくくても『被リンク』+『個別記事』で上位表示ができる確率も上がります。

要するに、ペラサイトでやるにせよ、小規模のサイトでやるにせよ、リサーチが重要であることには変わりありません。

 

ちなみに、ペラサイトで稼ぎやすいのは、商標サイトで攻めることです。

なぜなら、毎日のように新しい商品のアフィリエイト案件がスタートしているため。

そういった新規案件の中でも、さらにライバルレスな案件を攻めていくのがおすすめですね。

 

僕の↑のサイトは、たまたまライバルもゼロ、僕が参入後も誰も気付いていない商標案件です。

そのため、ペラサイトであっても、Googleとしては『他に表示できるサイトがない(泣)』という状況下なので、渋々??僕のペラサイトを上位表示させている感じですね。

まとめ-ペラサイトもアフィリエイトのやり方の1つ

アフィリエイト ペラサイトの作り方 とは 2018

YozaYoza

いろいろな手法を試してみよう!!

いかがだったでしょうか??

 

今回は、『ペラサイトの作り方とは??』という疑問について書いてみました。

2018年現在も、僕は月収数万円のペラサイトを運営しています。

 

ただし、これは運が良かっただけで、ポンポンおいしい案件が見つかるワケではありません。

結局は、まともに大規模なサイトやブログ、小規模サイトをコツコツ作って行くほうが、稼ぐための最短ルートかなと思います。

あくまでも、ペラサイトは運が良ければ上手くいくようなもの、として僕は捉えていますね。

 

なので、小規模サイト(トップページ+個別記事5~10+被リンク)で上位表示を狙う前提でやってみて、もしもペラサイトのままでも上位表示してくれそうなら、ペラサイトのままにしておくスタンスがベストです。

 

ひとまず、大規模サイトやブログ、小規模サイト、ペラサイトなどなど、アフィリエイトには色んな手法があります。

あなたにピッタリなやり方を見つけて、得意な方向性でガンガン攻めていけると良いですね。

 

そして、僕の無料メルマガでは、ブログでは書けない話も発信しています。

ぜひ、メールマガジンへの登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

メルマガでもアフィリエイトを学んでみませんか??

↓無料メルマガのご登録はこちら↓