中古ドメイン メリット インデックス インデックスされない されない

中古ドメインメリットとデメリットをまとめてみました。

 

過去の運営履歴や評価を継承するケースが多い中古ドメインですが、マイナス評価を受け継いでインデックスされないケースもあります。

 

インデックスされない以外にもいろいろとメリット・デメリットがあるので、理解して利用していきましょう!!

中古ドメインのメリットは凄くオイシイ??

さっそく、中古ドメインのメリットを列挙していきます。

その後に、デメリットの方もリストアップしてみますね。

 

【中古ドメインのメリット】


『サテライトサイト(バックリンクサイト)の被リンク効果』

中古ドメインのうま味といえば、ほとんどのケースが自作自演の被リンクを打つことです。

やはり、現在のGoogleのアルゴリズムでは、被リンクをもらえることでサイトが上位表示しやすい。

そして、中古ドメインには過去の運営履歴だったり、昔から付いている被リンクだったりで高いSEO効果が望めます。

もちろん、コンテンツもちゃんとしている必要がありますが、被リンクだけで検索上位にいるサイトも沢山。

それに、いわゆるブラックハットSEOでは早期に上位表示しやすく、その分だけ稼ぎやすいメリットがあります。

 

『メインサイトで使うとデフォルトで上位表示しやすい』

サテライト用だけでなく、中古ドメインをメインサイトのドメインとして使うケースもあります。

アタリの中古ドメインであれば、過去のプラス評価をそのまま継承するので上位表示しやすくなります。


 

中古ドメインのデメリット『インデックスされない・・・』etc

一方で、メリットだけでなく、中古ドメインにもちゃんとデメリットがあります。

 

【中古ドメインのデメリット】


『ハズレを引くことがある』

中古ドメインには『アタリとハズレ』があって、ハズレの中古ドメインを引くと何も効果がなかったり、デメリットがあったりします。

 

『被リンクを外したらマイナス効果だったケース』

バックリンクサイト用に中古ドメインを購入して、被リンクを自作自演していったものの、なかなか上位表示しないケースがあります。

その場合に被リンクを外してみたら、検索順位が上がることもしばしば。

過去の運営履歴の評価があまり良くなければ、そういった中古ドメインも存在してしまいます。

 

『ペナルティを受けやすい??』

やけに簡単に上位表示したり、アクセスが急激に集まったりすると、Googleからの監視の目が強くなります。

過去の運営では英語のサイトだったのに、急に日本語サイトになっていたら不自然ですよね。

中古ドメインの力で上位表示していると、Googleが手動ペナルティを発動して検索順位を圏外に飛ばされる可能性があります。

ただ、新規ドメインでもペナルティを受ける時は受けるので、何とも言えません。

 

『そもそもインデックスされない??』

中古ドメインのデメリットには、せっかくお金を支払って購入したのにインデックスされないことがあります。

インデックスされないということは、検索エンジンから認識されていないので使い物になりません。

バックリンクサイトとしても、メインサイトとしても、インデックスされない中古ドメインは捨てましょう。

ただ、しばらく待っていたらインデックスされるケースもあるので、時折思い出してあげましょう。


 

以上のように、中古ドメインにもデメリットがあるというワケです。

まとめ-中古ドメインのメリットとデメリット

今回は、中古ドメインのメリットとデメリットについて書いてきました。

どんなことにも、良い部分と悪い部分があるということです。

 

ちなみにですが、過去に被リンクを自作自演したサイトが『重複ページでペナルティ』⇒『ペナルティ解除』⇒『なぜか自作自演の被リンクはお咎めなし』だったことがあります。

重複ページを理由にペナルティを受けましたが、Googleの中の人が甘ければ自演の被リンクがバレないケースがあるようです。

 

なので、思い切って中古ドメインを使ってみて、ダメだったら次の中古ドメインへいくのが精神衛生的に良さそうですね。