メッセージ 映画 ネタバレ わからない あなたの 評価 解釈

2017年5月19日が公開日の映画メッセージ』。

さっそく、TOHOシネマズで観てきました!!

 

ただ、メッセージを観た後に感じたのは、ネタバレを知っても内容がわかりにくい印象。

ひとまず、ネタバレに配慮しながら『メッセージ』の評価についてまとめました。

 

映画『メッセージ』に対するあなたの解釈はどう??

 


【※ネタバレについて】

※ネタバレは後半で触れていますが、事前に注意を促しますので安心して読み進めてくださいね。

【映画】ネタバレなしでメッセージの感想を述べると・・・

どうもYozaです。

 

最新作映画『メッセージ』がついに公開されましたよね。

さっそく昨晩、『メッセージ』を映画館で鑑賞して来ました。

僕はSF映画が好きということもあって、数ヶ月前から頻繁にプロモーションをしていた『メッセージ』が気になってましたから。

TOHOシネマズの新作予告では、毎回のごとく山崎紘菜(やまざきひろな)さんが『映画メッセージから、”メッセージ” が届いています』というセリフがシュールでした(笑)

 

今回の映画『メッセージ』の感想としては、『視聴者が自分で考えさせられる』ような作品だったので、わかりにくいかも??という印象です。

恐らく、『メッセージ』を観た人たちは、どう解釈すべきかを視聴している時も考えを巡らせていたのでは??

 

個人的には、宇宙船やエイリアンといった類の話は興味があるので、SF映画としても楽しめました。

さらに、僕はプログラミングの話が好きなので言語関係にも興味があり、エイリアンが使ってくる『表意文字』が気になりましたね。

まぁ、それ以上に多くの人が気になるのが、『宇宙船の形が “柿の種” や “ばかうけ” に似てるwww』ということではないでしょうか??

確かに、お菓子の形に似ているシュールな形の宇宙船ですから、真面目なストーリー展開の映画なのにどうしても思い出し笑いをしてしまう『メッセージ』という作品。

 

そして、人類とエイリアンが『お互いに知らない言語同士でコミュニケーションをする』という題材は、これまであまり無かったと思うので面白い映画でした。

メッセージの映画としての評価はどう??

さて、映画『メッセージ』はアカデミー賞ノミネートという話題もあったので、前評判が高めの印象でした。

僕も、かなり期待感を膨らませて映画館に行きましたから。

 

ただ、ここ近年の映画作品は、視聴者にストレートに内容を伝えない映画が多いですよね。

『ララランド』をはじめ、『ムーンライト』などの最近の話題作では、映画を観ながら〜観た後に自分たちが考えて解釈をするような作品ばかり。

最近の映画クリエーターのトレンドとして、こういった作り方が流行っているのでしょうか??

 

映画『メッセージ』も人間と宇宙人がコミュニケーションをするという題材で、この映画が『伝えたいことはコレ』というのは明確には見せてくれていません。

とりあえず、映画『メッセージ』も観ていて自分の解釈を考えさせられる感じです。

そういった面では、人によってこの映画の評価は大きく左右されます。

 

典型的なSF・エイリアンの映画を期待している人は、『メッセージ』があまり性に合わないかもしれませんね。

ただ、そういった使い古されたエイリアン/宇宙人ネタに飽きている人が多いでしょうし、映画『メッセージ』は今までとは違った表現を楽しめるはずです。


 

※【注意】以降では、ネタバレにけっこう触れます。

あなたの解釈は?映画『メッセージ』の内容がわからない・・・

それでは、映画『メッセージ』のネタバレを含めながら解釈を書いていきます。

結論からすると、『やっぱり、わからないような、でも何となくこうじゃないのか??』という感触を誰もが抱くはずです。

 

映画『メッセージ』では、冒頭と終盤で『時』に関する話が出てきます。

確か、映画のイントロ部分では、『みんな時間に縛られている』というメッセージが流れたはずですし、最後の方では『未来が見えたら沢山のことを伝えたい』という趣旨で締めくくられていました。

また、エイリアンが使う言語は表意文字で、時間の概念が無いという設定。

 

そして、対話(セッション)をしたエイリアン(アボットとコルテロ)から掴んだ主人公・ルイーズの答えは、『彼らの言語を人類がもらった』という、よくわからないエンディング。

加えて、“3,000年後に人類の力が必要” というメッセージもありました。

エイリアンたちからすると、3,000年後に助けて欲しいから頑張って地球に来てそのメッセージを伝えたということなのでしょう。

 

以上のようなストーリーだった映画『メッセージ』ですが、今も昔も人類は未来予測を盛んにしてきましたよね。

今はコンピューターを使ったテクノロジーによる未来予想が主ですが、ひと昔前は占いなどの方法でした。

いずれにしても、人類は未来を覗き見ようとしてきたワケですが、現在は世界規模では温暖化問題、日本では高齢化社会問題などなど、これから直面する将来がいろいろと予測されています。

 

映画『メッセージ』は、自分たち人類がそういった問題を乗り越えて素敵な未来を作っていくためにも、国家や人種に左右されることなく考え(メッセージ)を伝えあって理解し合うことが大事、ということを表現している映画なのかもしれません。

未来が見えたら、たくさんのこと(メッセージ)を伝えたくなりますよね。

 

やはり、エイリアン作品なのに、なかなか解釈がわからない映画『メッセージ』でした。。。

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!