IP 分散 サーバー とは SEO 対策 被リンク 方法

アフィリエイトサイトについて勉強していると、IP分散サーバーという聞き慣れない専門用語が出てくるかと思います。

IP分散とはその名の通りIPを分散させることであり、SEO対策でバックリンクサイトの構築でよく使われる手法。

 

今回は、そのバックリンクサイトからの被リンクを張る方法について書いてみました。

IP分散サーバーとは??

IP 分散 サーバー とは SEO 対策 被リンク 方法

『↑IP分散サーバーで有名な会社の1つが123サーバー』

 

サイトアフィリエイトでは、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOといった2種類のSEO対策に二分されます。

そして、多くのアフィリエイターが実践している手法がブラックハットであり、いわゆる自作自演による被リンクでサイトを上位表示させています。

とは言っても、ここ最近のGoogleのアルゴリズムは賢くなってきており、被リンクだけでなくコンテンツの質も兼ね備えている必要性が高まっています。

 

もし仮にサイトが圏外の順位に飛ぶリスク(ペナルティー)を飲むのであれば、『被リンク』+『コンテンツの質』の両方を準備した状態が理論上もっとも上位表示しやすい最強の状態だと言えます。

ただ、ホワイトハットのサイトであっても順位が飛ぶ時は飛びます(それは、そもそもGoogle目線ではホワイトじゃなかったワケですが・・・)。

なので、被リンクをガンガン当てて手っ取り早く上位表示させてしまい、『サイトが飛んだら飛んだでしょうがないよね』というスタンスの方が効率面でも精神面でもラクかもしれません。

 

ここで、本題のIP分散サーバーについてですが、自作自演による被リンクであることがGoogleにバレにくいようにするために利用されます。

自作自演で張った被リンクのIPアドレスがそれぞれ異なっていれば、Googleのアルゴリズムを出し抜きやすいとされています。

しかし、IP分散をした・しないに関わらず、ペナルティーに合う可能性はいずれもゼロじゃないのでIP分散についても気にしないのが得策かもしれませんね。

 

ここで、IP分散サーバーとして有名な会社が “123サーバー” さんです。

月額料金としては、以下のような契約形態になっており、20IPだけでも15,635円/月の費用が掛かります。

IP 分散 サーバー とは SEO 対策 被リンク 方法

↑の契約料金を加味すると、トレンドアフィリエイトや特化型ブログで稼げるようになってからブラックハットSEOによるサイトアフィリに挑戦した方が良いでしょう。

やはり、初心者のうちはいきなり出費がかさむのは恐いですよね。

ただ、資金がたくさんあるのであれば、最初からブラックハットで挑戦してみてもOK。

 

ちなみにですが、123サーバーさんは300IPもの分散サーバーの構築も可能でスゴイですよね。。。

SEO対策で被リンクを張る方法

IP 分散 サーバー とは SEO 対策 被リンク 方法

続いて、IP分散サーバーを利用したブラックハットSEOでは、被リンクを張る方法がとても気になるものです。

 

しかし、残念ながら被リンクに関するアルゴリズムもGoogleがシークレットにしており、正解・不正解がある世界ではありません。

厳密に言うと自分たちができることは、上位表示すれば正解、飛ばされたら不正解という結果ありきでの判断になります。

『毎月定期的にあてる被リンクの本数』や『あてても良い被リンクの最大数』というのは、アフィリエイターごとに違っています。

似通っている部分があるとは言え、十人十色の方法があるということ。

 

このように、バックリンクによるSEO対策に正解はなく、いろいろと試してみて自分にあったSEO対策を見つけていくことが大切です。

もちろん、被リンクだけでなくコンテンツの質も強く求められていますから、両方を磨いていけると良いですね。

 

以上のように、アフィリエイト初心者のうちは、トレンドブログや特化型ブログでGoogleアドセンスを使った稼ぎ方がオススメとなります。

まとめ-IP分散と被リンクの正解はない

いかがだったでしょうか??

 

今回は、IP分散サーバーと被リンクの張り方について述べてきました。

初心者のうちは、アドセンスを使ってブログやサイトのマネタイズをすることを強くおすすめします。

IP分散や被リンクといった難しい概念が出てこないので、せひアドセンスについてまずは学んでみてくださいね。

 

【アドセンスを使った稼ぎ方~特化型ブログについて】

  特化型ブログでアフィリエイト!作り方と記事数はジャンルで変わる?