内部リンク 内部 リンク SEO 最適化 チェック

ブログやサイトを運営していると、内部リンクは超必要なSEO対策の1つです。

検索エンジンからの集客UPにつながるだけでなく、“ユーザーに対するおもてなし” としても超重要。

 

やはり、読んでいてスッキリするメディアほど、読者ファンが増えるものです。

今回は、内部リンクの最適化について解説します!!

内部リンクの役割は大きく分けて2つ

まず、文章を書いていると、いろんな情報を盛り込みたくなるものです。

そして、ブログなどの媒体での大きな強みは、リンクを飛ばして読者に適切なコンテンツを届けられること。

本などの紙媒体では不可能な機能ですよね。

 

内部リンクとは?外部リンクとは何が違う?

ここで、ブログやサイト運営で知っておくべき、『内部リンク』と『外部リンク』の違いについて解説をしておきます。

 

まず、内部リンクとはその名の通り、あなたが運営するウェブサイト内の記事へとリンクを貼ることです。

ホワイトハットSEOですと、あなたが張るリンクは基本的にすべて内部リンクとなります。

 

一方で、外部リンクとは、運営サイトとは別のサイト(つまり外部)からリンクを張ってもらうこと。

こちらはブラックハットSEOで自作自演的によく用いられ、Googleが嫌っている手法ですね。

ホワイトハットSEOでは、この外部リンクを自然な形(ナチュラルリンク)でもらえるよう、素晴らしいコンテンツを作っていくことになります。

 

ちなみにですが、内部リンクの実例としては以下のような感じ。

ここでは、ブラックハットSEO(外部リンク対策)で頻繁に利用される “IP分散” に関する記事へと内部リンクを張ってみました。

【おすすめ関連記事】

  IP分散サーバーとは?SEO対策で被リンクを張る方法で正解は?

 

SEO対策とファン化の促進

自分が運営するブログやサイトを読者に気に入ってもらえるためにも、内部リンクについてキチンと対策を踏んでおきましょう。

以降では、内部リンクの『2大効果』と『最適化』について詳しく説明していきます。

 

ということで、まずは内部リンクがもたらす2大効果について紹介しておきますね。

 

【内部リンクを最適化するメリット】


『効果1 – SEO対策として』

今も昔も内部リンクがたくさん張られているコンテンツほど高く評価されやすいです。

やはり、そのサイト/ブログ内でもっとも重要な記事だからこそ、内部リンクの数が多いと判断するもの。

そして、後述しますが、アンカーテキストに評価を上げて欲しいキーワードを含めると効果的とされます。

つまり、検索エンジンに対して、『このコンテンツが一番重要』や『このキーワードを評価して』とアピールすることに繋がります。

 

『効果2 – ファンになってもらえる』

検索エンジンからの評価を高める施策として内部リンクが重要と書きましたが、それ以上に訪問してくれた読者に対する敬意を払う行為でもあります。

自分たちが記事を読んでいるシーンを想像してみると、【適切な補足情報】や【もっと詳しく知りたい情報】の所在が内部リンクですぐに分かると使いやすいですよね。

さらに、内部リンクがうまく張られていて、”ユーザーに対するおもてなし” が強く感じられるサイトほどファンがつきやすい。

検索エンジンからのアクセス流入も大切ですが、直接アクセスしてくれる濃いファンが増えていくと集客がとてもラクになります。


 

以上が内部リンクによる主なメリットなのですが、続いては内部リンクの最適化について書いてきます!!

【要チェック】最適化された内部リンクとは??

それでは、内部リンクの最適化に関して掘り下げていきます。

主に、大きく分けて3つのチェックポイントがあるかと思います。

 

1. リンク先の記事は最適か??

まず第一にサイト運営者が気にかけるべきことは、内部リンク先のコンテンツが最適かどうか??

自分自身が記事を読んでいるときを想像して欲しいのですが、意味不明で関係のない別記事へ誘導されても移動したくないですよね。

 

確かに、アクセスを沢山集めて評価をムリヤリ押し上げたいケースもあるでしょうけど、明後日の方向に内部リンクを張っても無意味です。

適材適所でユーザーを思いやった内部リンクを張っていきましょう。

 

例えば、映画に関する記事ならまた別の映画記事へ、ワードプレスに関する記事ならプラグインの記事へ、といった具合でユーザーが次に知りたくなるようなコンテンツを内部リンクで知らせてあげるイメージですね。

 

2. 内部リンクのアンカーテキスト

続いて、内部リンクのアンカーテキストについてですが、飛んだ先の記事で評価してもらいたいキーワードを含めると効果的です。

やはり、検索エンジンがあなたのサイト/ブログを評価するときに、内部リンク先のコンテンツが『何に関する記事か??』をアピールできます。

基本的には、内部リンク先の記事タイトルをそのままアンカーテキストとして使ってあげればOKでしょう。

もしくは、評価を高めたいキーワードを含めつつ、読者が読みたくなる魅力的なアンカーテキストにするのもアリ。

 

3. サイト・ブログ全体の重要コンテンツ

最後に3つ目ですが、そのサイトやブログで一番重要なコンテンツに内部リンクを張るのもアリです。

関連性の低い記事から内部リンクを張るのは無意味ですが、少なからず効果はあるようです。

 

ですが、特化型ブログやサイトアフィリでは、そもそも特定のジャンルを専門的に扱います。

そのため、そのジャンルについての情報を求めるユーザーというのは、共通して同じようなコンテンツを読みたくなるケースが多い。

何かのジャンルに特化して運営しているサイトならば、ひとまず内部リンクを最重要コンテンツに張っておくことをオススメします。

サイトアフィリのSEO対策なんかでは、トップページに一番重要な記事を書いておき、すべての個別ページからトップへ内部リンクを張ることがよくありますね。

まとめ-SEO対策&ユーザビリティー向上の効果

今回は、内部リンクによるSEO対策について書いてきました。

そして、内部リンクの最適化方法として3つのチェックポイントを解説しましたが、結局はユーザー読者の立場になって考えれば当たり前のことばかりですよね。

 

ブログやサイトを運営していると、パソコンの前だけでほぼすべてが完結してしまい、画面の向こう側にいるユーザーへの思いやりがなおざりになりやすい。

しかし、自分自身がPCやスマホでどこかのサイトにアクセスをしたとき、”使いやすいサイト” or “使いにくいサイト” で印象がガラリと変わるはず。

たとえ、同じ広告や商品が紹介されていても、クリックや購入などの行動へ移したくなるかどうかは断然 “使いやすいサイト” ですよね。

 

内部リンクをユーザー視点で見直して最適化しておけば、機械的なSEO対策につながるだけでなく、ユーザーの滞在時間なども伸びて検索エンジンからの評価も高まりやすい。

レストランに足を運んだときに店員からスムーズに誘導してもらえると嬉しいように、ウェブサイトでもおもてなし精神で内部リンクを最適化していきましょう!!