YozaYoza

副業元年で働き方改革?残業代ゼロもあり得る?

今年2018年は “副業元年” という位置づけであり、働き方改革がサラリーマンの間で話題になっていますよね。

働き方改革の中には、長時間労働の改善も含まれていて、残業代減る可能性が高い。

 

さすがに、完全にゼロまで削減されることはないですが、

収入DOWNで “不安にならないように生きる術” をご紹介します。

 

働き方改革で残業代がゼロに減る??

YozaYoza

働き方改革の1つには、長時間労働の是正もある。

2018年は “副業元年” という風に、一応は呼ばれていますよね。

政府も、働き方改革に対して本腰を入れ、ワーク・ライフ・バランスを改善したい動きを見せ始めています。

 

そして、こちらの参考記事にある通り、

 

https://bowgl.com/2017/09/07/work-style-reformation/

 

働き方改革には、長時間労働の是正が含まれています。

 

みなさんご存知の通り、“日本は残業大国” であると世界的には認知されていて、『残業=当たり前』の風潮になっていますよね。

僕も会社員時代は、週に1日だけはノー残業デーが用意されていましたが、他の4出勤日は残業が当然の流れでした。

 

もちろん、僕みたいに新人社員が仕事を終えるスピードは遅いですし、手際も悪いのは承知しています。

しかし、僕みたいな新人だけでなく、先輩や上司も残業をするのは日常茶飯事。

『規定の1日8時間労働で終わり切れないほどの仕事量があった』と言っても過言はありません。

まぁ、むしろそれくらいやらないと、世界で日本が経済大国として戦っていくのは難しいかもという意見もあるでしょう。

 

ただ、海外に目を向けてみると、残業をせずにしっかりと自宅で休みを取り、社員が良コンディションで業務をこなすことで少ない労働時間でもキチンと成果を出している国もあります。

僕も今はこうして自分でビジネスをやる身になってわかったのですが、疲れている時はほとんどのケースで作業スピードが鈍ります。

そして、結局は思い切って休憩を取ったり、その日はリフレッシュデーにしたり、エネルギー回復とコンディション調整に充てたほうが効率の良いパターンが大半。

なので、普通の会社でも、残業時間を減らすことで短時間集中型でやれるのでは??と思ったりもします。

 

しかし、たとえ残業時間を減らすことに成功したとしても、由々しき問題が1つだけありますよね。

それは、残業時間の削減は、残業代が減ることにストレートに結びつきます。

短い時間で仕事をこなしたとしても、トータルのアウトプット量が同じであれば会社の利益はそのままで変わらず。

つまり、現状の残業代をキープするには、会社の経営陣が社員の時給UPを図ることも必須になってきますよね。

 

政府が働き方改革で残業時間を減らすように動いたら、社員の収入DOWNが避けられない企業も多いでしょうし、逆に副業をやらなければ以前までの収入をキープするのが難しくなってくるはず。

さすがに、働き方改革によって残業時間がゼロまで削減されることはないでしょうが、家計への負担は大きな問題として残りそうですよね。

残業代が削減されても、”しなやかに生きる術” は??

YozaYoza

残業代がゼロになっても安心!しなやかに生きる術を身に付けよう!

政府の働き方改革によって、長時間労働を減らす風潮になれば必然的に残業代は減ります。

その分、ライフスタイル目線で考えると、休みや家族との時間をとれたり、より充実した暮らしは実現しやすいでしょう。

 

しかし、残業代が減る or ゼロになった時、収入面で困る人はたくさんいるはず。

そうなった場合、多くの人たちが選ぶ選択肢が副業をスタートすること。

本業の会社での残業代がカットされた分、副業の仕事でカバーするというのが普通になるはずですよね。

 

そこで、おすすめの副業の種類は、在宅で完結する仕事です。

 

もし仮に、外出や移動が伴う副業(アルバイトやパートなどなど)を選んでしまった場合、どうしても移動時間と交通費が経費として掛かってきますよね。

せっかく本業の残業時間が減ったのに、副業をするための時間の方が今までの残業時間より増えてしまっては元も子もない。

また、副業の時給が本業を上回るケースってなかなか無いですし、万が一、副業のほうが時給で秀でているなら転職したほうがマシです。

 

なので、減ることになった残業代をカバーするためにも、もしくは従来の残業収入を上回る仕事にするためにも、完全在宅型の個人ビジネスをスタートすることをおすすめします。

【自分のビジネスを持つ=工夫次第で時給は青天井】であり、パートやアルバイトで副業をやるのはキツイ部分があるでしょう。

おすすめの副業はネットとPCを使ったビジネス

ということで、おすすめの在宅完結型の副業として、インターネットとパソコンさえあれば始められるブログアフィリエイトがあります。

ブログを使ったビジネスでは、正しいノウハウに沿って実践していけば月収10万円は誰にでも射程圏内ですね。

しかも、10万円に留まらず、月収数十万円も可能なのでイチオシの副業です。

 

さらに、ブログアフィリエイトの嬉しいポイントが、

 

『経費がとても小さいこと』

 

です。

実は、ブログを始めるにあたって必要な初期コスト(ランニングコストも含む)は、たったの年間2万円ちょっとしか掛かりません。

多く見積もっても、5万円/年がMAXだと思います。

 

つまり、ひと昔前までは、自分でビジネスを始めようとしても数百万円などの初期投資(店舗を構えたり、商品を仕入れたり)が必須でしたが、インターネットとパソコンの登場で極めて小さいコストでもビジネスを始められるようになりました。

アルバイトやパートは時給制なので絶対的な収入の上限があります。

一方で、ブログは自分のビジネスとしてドンドン育てていけるから、収入に上限がない青天井。

 

加えて、ブログアフィリエイトは、家でコッソリ実践できるビジネスなので副業の時間が短めの人でも取り組みやすい。

もちろん、気分転換がてら、カフェでブログを更新したり、旅先でもビジネスの作業ができたりするのが心強い。

 

こんな風に、働き方改革が推し進められ、それに伴って残業代が減る事態に陥ったときは、ブログを1つの解決手段として持っておくと良いですね。

まとめ-働き方改革で取り残されないために

YozaYoza

社会の変化に翻弄されないように、最低限のことはやっておこう!!

いかがだったでしょうか??

 

今回は、副業元年(2018年)が注目されつつある中、残業代が減るかもしれない問題について書いてみました。

本業の時給がUPされれば、短い就労時間で今まで通りの収入を得られるかもしれませんが、それは極めて難しい事情がある会社がほとんど。

いずれは残業代がゼロになる可能性も無きにしも非ずですし、そんな窮地に陥ったとしても “しなやかに生きる術” としてネットを使った個人ビジネスをおすすめします。

 

また、僕の無料メルマガでは、副業解禁に伴っておすすめのブログアフィリエイトについて情報を発信しています。

ぜひ、メールマガジンへの登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

ブログについてもっと深く学びたい人へ。

↓無料メルマガのご登録はこちら↓