WordPress Contact Form 7 使い方

WordPressには読者さんにお問い合わせをしてもらうための

Contact Form 7というプラグインがあります。

 

今回の記事では、Contact Form 7のインストール・設定・使い方までを解説。

問い合わせに対して自動返信メールも設定できて便利ですよ!!

WordPressプラグイン『Contact Form 7』とは??

ウェブ集客やブログ、アフィリエイトを目的に僕たちはサイトを立ち上げるワケですが、

コンテンツを見に来てくれたユーザーから運営者のあなたへと、

【お問い合わせ】をしたいケースがちょくちょくあります。

 

例えば、僕のこのブログにも・・・

>> 当ブログのお問い合わせページ

のリンク先のようなお問い合わせページがあります。

 

もしかすると、あなた自身も誰かのブログやサイトで、

お問い合わせフォームからコンタクトを取った経験があるかもしれません。

 

そして、このお問い合わせページは非常に重要な役割を担っていて、

 


・読者さんからのブログ記事に対する感想や質問、御礼etc

・ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)からのコンタクト

・諸事情によりコンテンツ修正の要求


 

などなど、いろいろなニーズがあってお問い合わせページが利用されます。

 

以上のように、ブログやサイトを運営していく中で、

お問い合わせページを設置することは最低限のマナー。

 

それでは、お問い合わせページの作成をカンタンに済ませてくれる、

『Contact Form 7』というプラグインのインストールから使い方までを解説します。

【インストール】Contact Form 7を導入しよう!!

まず、Contact Form 7のインストールについてですが、

WordPressの管理画面から次の手順を踏み、

 


【1. プラグインの新規追加】 

  ↓

【2. Contact Form 7で検索】 

  ↓

【3. 今すぐインストール】


 

でサクッとインストールしましょう。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

インストールしたら、すぐ【4. 有効化】を選んでOKです。

WordPress Contact Form 7 使い方

【設定-初級編】Contact Form 7の使い方

ブログやアフィリエイトの初心者のうちは、デザインに強くこだわる必要はないです。

そして、お問い合わせフォームを訪問者が利用することも、サイト立ち上げ初期はないでしょう。

つまり、最初のうちはお問い合わせページのデザインがシンプルで質素のままでも良いということ。

 

以上の理由から、ここでは初心者向けとして最低限のお問い合わせ機能の実装までをガイドします。

 

まず、Contact Form 7をインストールした後はワードプレスの管理画面に、

【お問い合わせ】という欄が表示されるようになっているはずです。

その【お問い合わせ】にマウスを持っていくと、【新規追加】が表示されます。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

【新規追加】を選択すると、以下のような画面に切り替わります。

『ここにタイトルを入力』の欄にお好きな名前を入力しましょう。

例えば、『コンタクトフォーム0』などで良いでしょう。

そして、他の部分はイジらずに、【保存】ボタンを押して下さい。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

ただし、お問い合わせの送信先メールアドレスだけは、

念のため最初に確認をしておきましょう。

Contact Form 7 使い方

ショートコードを貼り付けてお問い合わせページを作る

以上までで、最低限のお問い合わせページをつくるための準備が終わっています。

 

次に、実際にお問い合わせページを作るのですが、

固定ページで新規追加の記事を選んで下さい。

※通常の投稿ページでも作れますが、固定ページが常識です。

 

そして、【1. お問い合わせページのタイトル】と【2. パーマリンク】を

いつもの様に適当なものに設定。

 

ここで、ショートコードを貼り付ける方法についてですが、

【3. テキストモードに切り替え】

【4. ショートコードを貼り付ける】

という手順。

ここまで完了したら、【5. 下書きとして保存】のボタンをクリック。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

【※ショートコードの取得先はこちら↓】

WordPress Contact Form 7 使い方

 

下書き保存ができたら、お問い合わせページをプレビューで確認してみましょう。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

↓こちらは当ブログのお問い合わせページの例です。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

プレビューを確認したら、【公開】ボタンを押してお問い合わせページを公開しましょう。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

以上がContact Form 7の使い方となります。

ここまでは初心者向けに最低限の設定でお問い合わせページを作ってきました。

質素で味気ないデザインですが、十分に役割を果たしてくれます。

 

とは言え、デザインにこだわりたい人は、お問い合わせページをもっとカッコ良くしても良いでしょう。

念のため、Contact Form 7が使えるかどうかの確認

Contact Form 7を使えばカンタンにお問い合わせフォームを設置できますが、

実際に作ったあとは1回だけテストをしておくと良いでしょう。

 

例えば、以下の例のように適当な設定でお問い合わせを自演しておくことです。

使い方は非常にカンタンですよね。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

そして、自演したメールアドレス先の受信ボックスを開いてみましょう。

WordPress Contact Form 7 使い方

 

↑のように、基本的にはキチンと動作するはずですよ。

 

以降では、自動返信機能の使い方について書いていますが、

アフィリエイト目的でブログ・サイトを初めて立ち上げる人は無視しても構いません。

自動返信もできるContact Form 7

ここまで説明してきたContact Form 7の使い方だけで十分ではありますが、

『訪問ユーザーを大切にしたい!!』という強い信念を

お持ちの方もいらっしゃることでしょう。

 

基本的には、アフィリエイターと比較して、

Web集客で店舗/サロン/コンサルティングのビジネスをしている方は、

一人ひとりのユーザーの重みがアフィリエイターよりも大きいはずです。

 

そこで、お問い合わせをせっかく頂いたユーザーの気持ちを大切にするためにも、

Contact Form 7の自動返信機能を使用するのがオススメです。

 

やはり、お問い合わせをした側の心理に立って考えると、

『お問い合わせを承りました!!』というメールの自動返信があると安心しますよね。

自動返信の使い方は??

それでは、Contact Form 7の自動返信機能の使い方を説明します。

 

自動返信をONにするには、『メールのタブ』をクリックして、

Contact Form 7 使い方

 

『保存ボタン』のところまで下へスクロールすると、

メール(2)のチェックが見つかるはずです。

このメール(2)にチェックを入れると、

Contact Form 7 自動返信

 

以下の画像のように、自動返信機能の設定画面が表示されます。

Contact Form 7 自動返信

 

この設定画面の使い方として、以下の例を参考にすると良いでしょう。

Contact Form 7 自動返信


【1. 送信先:your-email】

お問い合わせをくださった方のメールアドレスなので、変更なし。

 

【2. 送信元:Reply-To: xxx@xxx.com】

変更しても、しなくても良い。

 

【3. 題名】

変更しても、しなくても良いが[your-subject]があると親切(※your-subjectはお問い合わせの相手が設定した題名)。

 

【4. 追加ヘッダー】

変更しなくて良いでしょう。

 

【5. メッセージ本文】

任意のメッセージを設定しましょう。


 

以上が完了したら、Contact Form 7の【保存】ボタンを忘れずに押しましょう。

Contact Form 7 自動返信

まとめ-Contact Form 7の使い方と自動返信

いかがだったでしょうか??

 

今回、解説したContact Form 7の使い方や自動返信をマスターすれば、

自分のブログやサイトに興味を持ってくれたユーザーを大切にできますよね。

お互いに気持ち良いコミュニケーションをして、

インターネットでも人とのご縁を大事にしていきましょう。