>> 文賢の公式サイトはこちら。

YozaYoza

遂に、↑ “ウェブライダー製推敲ツール” が登場!!

ウェブライダーの文賢(ぶんけん)】を実際に使ってみたのでレビューしてみました!!

ワードプレステンプレートの賢威や、バナープラスで評判高いウェブライダー社。

『そのウェブライダー社から文章推敲ツールが出たっ!!』ということで、使ってみたくてショウガナイ状態に(笑)

 

ということで、文賢評価口コミします!!

 

【レビュー】文賢を実際に使ってみたので口コミします!!

文賢 レビュー 口コミ 評価

YozaYoza

実際に使ってみました!!

まず、”わかりやすさ” や “使いやすさ” をいつも強く意識しているウェブライダーさんだけに、【文賢】の使い方はとてもシンプルで簡単。

Google Chrome拡張として【文賢】を導入していれば、以下のように、

 

【1. 文章の選択】⇒【2. 右クリック】⇒【3. 文賢に送る】

 

だけでOK。

レビューするほどでも無いですが、こういったインターフェースの気遣い度はいつもながら非常に高いですね!!

 

【1. 文章の選択】文賢に推敲してもらいたい文章を選択

文賢 レビュー 口コミ 評価

 

【2. 右クリック】文賢に送るを選ぶ

文賢 レビュー 口コミ 評価

 

【3. 文賢が推敲してくれる!!】

文賢 レビュー 口コミ 評価

 

続いては、文賢がチェックしてくれる要素について書いていきますね^^

 

“漢字の使用率” が瞬時に表示される。

文賢 レビュー 口コミ 評価

↑の画像のように、文賢はターゲットとなる文章の【漢字の使用率】を表示してくれます。

 

日本語は、ひらがな・カタカナ・漢字の3種類があるわけですが、

 

【漢字の使用率による文章の印象】


  • 漢字が多いと・・・堅めの文章に読み手が感じる
  • 漢字が少ないと・・・やわらかめの文章だと感じる

 

という特徴がありますよね。

文章のテーマがどんなジャンルで、どんな雰囲気のものかによって、漢字の使用率は重要になってくるでしょう。

文賢であれば、そういった部分の確認をサクッと終わらせられます。

 

“表現ボキャブラリー” が豊富に。

文賢 レビュー 口コミ 評価

続いては、【慣用句・ことわざ】といったライティング表現の幅を広げてくれるサポートもついています。

↑はモザイクを掛けてはいますが、何か表現に困ったり、思うような伝え方が出てこないときは助かりますよね。

“文賢オリジナル” もありますし、あなたの文章の面白さや分かりやすさを引き出しやすい。

 

機械が “自動的に推敲” してくれる。

文賢 レビュー 口コミ 評価

そして、文賢が【自動で文章を推敲】してくれます。

↑の画像のように何も問題がなければ、『推敲においてはとくに問題ないようです。』というメッセージが表示されます。

ただし、飽くまでもコンピューターがチェックした推敲であって、最終的な確認は人間が目視でやるべきであることはお忘れなく。

 

読みやすくするための “チェック項目”

文賢 レビュー 口コミ 評価

最後に、あなたの文章をより良くするために、【チェックすべき項目】もあります。

『これだけやってればOK』というワケじゃありませんが、最低限、守れていれば良い感じになるのではないでしょうか??

ただし、飽くまでも文章の推敲サポートであることはお忘れなく。

 

【文賢を手に入れるのは・・・】

>>【公式サイト】文賢をより詳しく知る。

文賢による推敲でSEO効果は期待できるのか??

ここまで、文賢の機能についてレビューしてきました。

そして、ウェブライダー社と言えば楽曲制作などの事業も展開していますが、”SEOコンサル” としての知名度が非常に高いですよね。

ということもあり、『文賢を使えば、SEO効果がある??』という期待が高まるもの。

 

確かに、文章のわかりやすさだったり、ミスの少なさだったり、面白さ・表現の豊かさだったりがキチンとしていれば、読み手の反応は良くなっていきます。

近年は、【SEO(検索エンジン最適化) ⇒ SXO(ユーザー体験)へ】検索エンジンのアルゴリズムが重きを変えてきていると言われていますが、文賢によってその対応はしやすくなるでしょう。

 

しかし、飽くまでもユーザーが求めるコンテンツを作ることが大切ですし、文賢に丸投げでは特に大きなSEO効果は期待できないはず。

やはり、最後の最後まで、記事の書き手である人間次第だと思いますよ。

とは言え、人はうっかり間違ってしまう生き物ですし、文章ミスをツールで回避できるのであれば安いものです。


>> 【公式サイト】文賢を購入する。

ウェブライダーファンでなくても評価は高いはず!!

YozaYoza

僕はウェブライダー贔屓ですが・・・

ここまで、ウェブライダーの文賢についてレビューを書いてきましたが、個人的には今後もこのまま使用し続けていこうと思っています。

まぁ、そもそもウェブライダーに対して贔屓目な自分ですし、このブログも賢威テンプレートにお世話になっております(笑)

 

とは言え、ウェブライダー社が開発した文章推敲ツールですし、『わかりやすさ』『読みやすさ』を引き出すためのツーとして高く評価されていくと思いますよ。

全員が全員、文賢に満足するとは言えませんが、ライティングを生業とする人・会社にとって強力なサポートツールとして活躍してくれることでしょうね。

 

ぜひ、文賢を公式サイトでチェックしてみてください^^

>> 【公式サイト】で文賢を見てみる。

ちなみに、文賢の価格はいくら??

YozaYoza

2017年12月21日までなら値段が安い!!

また、文賢を使うための価格についてまとめておきますね。

 

【文賢のお値段は “初期費用+月額課金” 】


『1. 初期費用が掛かる』

⇒5,400円(税込み)

※2017年12月21日に10,800円へ値上げされます!!

 

『2. 月額課金制である』

⇒1,980円(税込み)

※ユーザーライセンスを増やすごとに、1,980円ずつ加算。


 

現在は初回リリースキャンペーン中なので、初期コストが5,400円で済みます。

しかし、2017/12/21~からは2倍の10,800円へと価格がUPしてしまうことに要注意。

>> 2017年12月21日の “値上げ前” に買う。


文賢のレビューまとめ

YozaYoza

推敲ツールを上手に使いこなしていこう!!

いかがだったでしょうか??

 

今回は、ウェブライダー社製の最新推敲ツール『文賢』についてレビューを書いてきました。

文章のわかりやすさ次第で、読み手があなたに抱く印象は大きく左右されます。

メディア運営やビジネス、アフィリエイトといった、ライティングが絡むのであれば多種多様なシーンで大活躍してくれるサポートツールでしょう。

 

せっかく素晴らしいコンテンツや情報をあなたが持っていたとしても、“しっかりと相手に伝えることができなければ宝の持ち腐れ” です。

ぜひ、【文賢】の力を借りながら、あなたが読み手に伝えたいことを余すことなく表現していってみてはどうでしょうか??

 

>> 文賢の公式サイトへ行く。


 

YozaYoza

無料メルマガもよろしくお願いいたします。