ブログやるなら、『1. いきなり運営者としてスタート』or『2. まずはライターから始めてみる』の二択があると思います。

 

僕としては、ブログやるなら・・・自分で運営者として効率的に!!』の意見です。

 

今回は、ブログの運営収入ライター収入について書いていきます!!

ブログやるなら運営者から?ライターから?

まず、単刀直入に僕の意見を述べさせていただきますと、

 

『ブログやるなら・・・』


  • 『初心者であっても、運営者として自分でやってみよう!!』
  • 『どうしても心配や不安があるなら、ライターからでもOKだけど・・・』

 

ですね。

 

もしかすると、この記事を読まれているあなたは、『初心者でスキルも知識も無いし、ライターからやってみようかな』と思っているかもしれません。

でも、僕も含め、回りの仲間も最初からブログ運営者としてスタートしています。

 

そして、なんだかんだ言って最初はわからないコトだらけでも、1ヶ月もあれば立派な運営者として成長できますよ。

 

それに、会社や事業主と同じく、雇用される側に回るよりもオーナー側(運営側)に回った方がメリットが断然大きいんです。

もちろん、収入の面でも運営者としてブログをやった方が100%有利。

 

以降では、ブログの運営収入とライター収入、およびその他に関してより詳しく書いていきますね!!

運営収入とライター収入には大きな差がある

さっそく、ブログの【運営収入】と【ライター収入】についてですが、これには大きな差が生じてしまいます。

それも【天と地の差】といっても過言はないくらい、運営収入の方がライター収入よりも圧倒的に大きい。

もし仮に、あなたがライターとしてズバ抜けて一流のプレイヤーであるならば、一概には言えませんが・・・

 

やはり、会社のサラリーマンよりも社長、カフェの店員・店長よりもオーナーの構図と一緒で、ブログの運営側にお金の配分を決める権利があります。

なので、どれだけ良い記事を書いても、どれだけ大量アクセスが集まる記事を書いても、ブログやサイトのオーナー側が『1記事/XXX円/YYY文字』と決めたらその枠内での収入になります。

ライター収入というのは、このように天井が決められてしまって普通のサラリーマンと変わりありません。

 

一方で、ブログを立ち上げる時に掛かるコストは、1ブログで2万円(年間)くらいです。

つまり、ブログ運営者が自分で記事を書いていく場合は、必要経費が1年間の合計でたったの2万円ちょっと。

それでいて、月収10万円~何10万円もの収益を発生させられるのがブログですし、ライター収入よりも運営収入の方があっという間に大台に乗ります。

 

それに、一般的にシュフティやランサーズで募集のあるライター案件なんて、1記事/500円/1,500文字とかだったりします。

もし仮に、1ヶ月で100記事書いたとしても、月収5万円が良いところでしょうね。

でも、ブログ運営を自分でやるなら、↑にも書いたように月収10万円~何10万円もの報酬を得られやすい。

このように、ブログというのは運営収入がライター収入を大きく凌駕します。

 

なので、在宅ワークで効率よく稼ぎたいからブログに興味を持たれたことでしょうし、最初は練習として短期間だけはライターをやってもOKですが、早い内に運営者になってしまいましょう。

まとめ-ブログやるなら運営者になってしまおう!!

今回は、『ブログやるなら・・・運営者でやろう!!』という記事でした。

 

一度でもブログ運営を自分でやられた経験のある人に聞けば、十中八九で『ライター収入』よりも『運営収入』の方が大きいと答えるはずです。

ブログ運営のスキルと知識の習得に1ヶ月は掛かると思いますが、それでもライター収入を速攻で追い抜いてしまうでしょう。

 

サラリーマンとして生きるか、オーナーとして生きるかの違いと似ていて、ブログの世界も同じ構図です。

ぜひ、ブログをやるならば、運営者としていきなりトライしていきましょう。

 

そして、僕のメールマガジンでは、ブログで成功するための最短ルートを無料配信しています。

無料メルマガ講座へのご登録もしてみてくださいね!!