ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

ブログ書き方  記事 コツ』などで検索すると、ノウハウが書かれた記事がズラッと並びますよね。

でも、スキルとして定着してますか??

(※僕も自信がありません泣)

 

確かに間違ったことは書かれていませんが、(見本)の記事がないと分かりにくい。

そこで、稚拙ながらも、1記事だけで10万PV以上も集めた映画記事をアフィリエイトのミニ講座として解説してみました!!

※本記事の内容はSNSバズを狙ったものではなく、検索エンジンからの自然流入でアクセスを集める記事の書き方です。

 

【リアルタイムで1,000人以上のアクセス】

方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

 

【2日間で10万PV超え】

方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

>> 拡大画像はこちら。

 

(注意)映画のネタバレ感想記事を実例にしています。まことに稚拙ながら、こちらが題材とする記事。

  映画・昼顔のネタバレ結末が知りたい!ラストの感想はホラーな恐ろしさ?

 

【ブログの書き方講座】はじめに・・・

ブログを始めたばかりの頃は、

 

『ブログの書き方がイマイチつかめない・・・』

 

と悩むことは多いです。

僕も最初は記事本文を書く前の段階、つまり、キーワード選定からタイトルの付け方まで初歩の初歩がチンプンカンプンでした。

普段の実生活で使う文章術とは異なる、Webコンテンツにぴったりなライティング。

なかなかすぐに慣れるワケにはいかず、筆がまったく進まない現象はビギナー時代にたくさん経験するものです。

 

そこで、『ブログの記事の書き方 コツ』などで検索してみることになります。

すると、ウェブライティング術を解説したサイトがズラッと並びますよね。

僕も昔はこういったページで勉強しては、自分のスキルとして定着させていきました。

その他にもWebライティングに関する書籍や教材もいくつか買いました。

 

でも、ネット上だけでも大量にあふれているライティング・ノウハウ。

たとえ、検索1位に上位表示された解説ページを読んでも、紹介されている手法がふんだんに有り過ぎて実践での活かし方がわからないものです。

 

確かに、書いてあることは間違っていないですし、よくこれだけの情報量を『分かりやすくコンパクトにまとめたなぁ』と感心もの。

やはり、『ブログ 記事 書き方 コツ』などで上位表示しているサイト運営者のスキルは脱帽モノですよね。

 

ただ、初心者のうちは彼らのノウハウをすぐに体現できないですし、どちらかと言うと実例のある記事を見た方がイメージが湧きやすく、スキルアップへの近道かと思います。

 

そこで、『詳しいノウハウ群については他のサイトにゆずり、このページでは記事例をベースにイメージを掴むこと』を目標に解説してみました。

 

2,000文字程度の短めの記事ですが、実際に上位表示して2日間で10万PV以上集めた例を紹介していきます。

ブログを書く理由は人それぞれですが、大半の方々が『稼ぐため』ではないでしょうか??

要するにアフィリエイトが目的で記事を書いている人が多いハズ。

 

ここで、ブログ記事の書き方を学んでいる最中はアドセンスでの収益化がメインでしょうし、爆発的なPVを集めることが最優先。

10万PVとなるとアドセンス換算にして3万円ほどの収益です。

3万円の報酬がたった2,000文字の1記事だけでもらえるなんて、ブログアフィリエイトは恵まれていますよね。

通常のサラリーマンで3万円稼ごうと思ったら、2~3日間の出勤がコストとして掛かりますから。

『省エネ的に大量PVを集める方法』として分かりやすく説明しますので、最後までお付き合い頂けるとうれしいです!!

 

実例記事の『PV』や『検索順位』は??

まず、今回にご紹介する記事例の大まかな実績としては、冒頭でも示した通り、

 

【記事例のデータ】


・最高リアルタイムで1,300人オーバー

・2日間で10万PV以上のアクセス(2017/6/10~11)

・2,000文字ながら平均滞在時間が5分


 

です。

(再掲)このページで解説していく実例の記事。

  映画・昼顔のネタバレ結末が知りたい!ラストの感想はホラーな恐ろしさ?

 

たった2,000文字の記事を1本書いただけで、10万PVも集まるのはオトク感MAXではないでしょうか??

しかも、↑の記事例は『稚拙ながら・・・』と前置きした通り、単純に『映画の感想とネタバレ』をそのまま整理して書いただけの『稚拙さ丸出し』です(書いた本人である僕が一番恥ずかしいかもしれません笑)。

 

このように、そこまで気合い入れなくても、案外、PVを集めるのはカンタンかもと感じてもらえるかと思います。

【書き方とコツ】ブログは習うより慣れよう!!

さて、前置きはここまでにしてブログの書き方とコツを説明したいのですが、もう少しだけマインド的な部分を話します。

『習うよりも慣れろ!!』なんて言葉は、生まれてこの方ひんぱんに聞いてきたかと思います。

ブログも同様に『習うより慣れろ!!』でして、量質転化によりスキルが上達していくものです。

 

間違った方向性でガンバっていても無意味ですが、基本的にはネットにあるライティングノウハウだけでも十分でしょう。

むしろ、上位表示している記事たちを読んでマネしていくことが、何よりの近道かもしれません。

まさに、マネしながら慣れていくと、自然と力が付いていきます。

 

そのため、最初は気に入らない記事ばかりでイライラしたり、モチベが下がったりしますが、ドンドン失敗して数をこなしながらリファインしていきましょう。

ちなみにですが、今はキーワード選定とタイトル付けがちゃんとできて、文字数が1,500文字以上の記事を量産していればそれなりに稼げます。

たくさんの記事を書いたことによって、見えてくる部分がほとんどかもしれません。

【記事例を大公開】映画ネタでアフィリエイト!!

ということで、僕ごときが長い前置きをツラツラと書き連ねてきて大変恐縮ですが、

今回の記事例について執筆プロセスを詳しく書いていきますね。

これがNo.1の大正解ではなく、別の書き方が優れていたり、もっと工夫できたりした部分はあるはず。

ひとまず、ブログの書き方の一例としてコツみたいなのを把握して頂けたら幸いです。

(念のため再掲)ここで解説する実際の記事例。

  映画・昼顔のネタバレ結末が知りたい!ラストの感想はホラーな恐ろしさ?

 

【ネタ選定】需要のない情報は誰も読まない

まず、自分たちのような名もなき個人がブログをやるとなると、ネタ選びをしないとアクセスが集まりません。

芸能人や有名人であれば『何を書いても多くの人々が見に来ます』が、一般人にはムリですよね。

海老蔵さんや小林麻央さんみたいに日々の日記を綴っても、我々はうまくいきません。

【参考記事】

  海老蔵と小林麻央のブログ収入の仕組みは?2017年も3000万オーバー?

 

そこで、ネタの需要度をあらかじめ調べておいて、記事を書く前にニーズがあることを確認しましょう。

例えば、Yahoo虫眼鏡などに表示されるキーワードから需要のあるネタを把握できます。

【Yahoo虫眼鏡についてはこちら】

  Yahoo虫眼鏡の使い方とキーワード選定!ヤフーをSEO対策に活用しよう!

 

ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

そして、一番のオススメはキーワードプランナーであり、↑のように毎月の検索回数を知ることができます。

今回の記事例では【映画・昼顔】をネタとして選びましたが、キーワードプランナーを見るとわかるように先月(5月)に検索回数がグンと大きくなっています。

それだけ沢山の人々が昼顔という映画作品に興味を持っていることですね。

 

しかも、トレンドアフィリエイト的なノウハウとして、『昼顔』+『映画』+『ネタバレ』というのは最近になって検索回数が増加したキーワード。

つまり、このキーワードで記事を書いているライバルがその分だけ少ないです。

 

試写会以前からこのキーワードで記事を書いて、フライングしているサイトもありますが、ちゃんと記事を書くと後追いでも追い抜ける可能性が残されていますよ。

今回も昼顔の試写会を観てきたブロガーが先行者利益的に上位表示していましたが、最終的には上位を奪還できました(ただし、今後は記事修正するつもりはなく、順位は段々落ちていくと思います)。

 

加えて、僕のこのブログはドメインを取得してまだ半年ですし、記事数も100記事に達していません(2017年6月13日現在)。

つまり、ドメインパワーは弱い方に分類されますし、それでも評価される記事を書けば上位表示できたというケースです(毎回100発100中ではないですが・・・)。

 

さて、今回は昼顔の映画公開に先立って『昼顔 映画 ネタバレ』あたりが急成長していたことをキャッチしていました。

ということもあって、今回狙ったネタは『映画・昼顔のネタバレについて』となりました。

 

映画のブログ記事でアクセスを集める方法の1つとして、キーワードプランナーで公開前月などに需要度をみておくのはオススメ。

 

【記事の書き方】実例の作成プロセスを解説

続いて、記事のネタ選定が完了したら、さらに細かいキーワードを決めていきます。

キーワードプランナーでは3語くらいまでの大まかなキーワードを決定しますが、4語目や5語目などのサブキーワードはYahoo虫眼鏡がおすすめ。

例えば、『昼顔 映画』といっしょに検索されているキーワードを調べてみると、

 

ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

 

↑のような具合で『結末』『知りたい』『感想』などがありますね。

これらと組み合わせて、最終的なキーワードを選ぶとよいでしょう。

一番書くべきキーワードは『昼顔 映画 ネタバレ 結末 試写会』ですよね。

Yahoo虫眼鏡は左上ほど検索回数が多いことを意味しています。

 

ただ、僕も試写会へ足を運ぶほどガチで頑張るヤル気はなく、普通の公開日2017年6月10日に映画を観てきました。

普段から頻繁に映画館へ足を運んでいるので、趣味の中でブログ更新している具合ですね。

このように、元々の趣味や特技をブログ運営に活かしていくと、無理なくライフスタイルにとけ込ませれて作業が苦でなくなります(生活の一部になるみたいなイメージ)。

 

最終的に付けたタイトルは、

 

“映画・昼顔のネタバレ結末が知りたい!ラストの感想はホラーな恐ろしさ?”

※【昼顔】というキーワードを最優先するために、”昼顔の映画のネタバレ結末が知りたい!ラストの感想はホラーな恐ろしさ” の方が良かったかもしれません。

 

であり、キーワードは、

 

『映画,昼顔,ネタバレ,結末,ネタバレ結末,知りたい,ラスト,感想』

 

という具合です。

ちなみに、All in One SEO Packの設定画面は以下のような感じ。

 

ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

 

ここでのポイントとしては、

 


タイトルは28文字+αくらいの長さにし、選んだキーワードを入れておく(できるだけ左詰めにして、検索エンジンでキーワードが省略されないようにする)。

 

・ディスクリプションの中に各キーワードを混ぜ込む(検索に表示された際、クリックしてもらいやすいくなるし、冒頭を読んだユーザーが読み進めてくれる可能性が高まる)。

 

・キーワードには各一回ずつ<strong>タグを付けておく(検索エンジンに重要なキーワードであるとアピールする)。


 

です。

 

Googleの技術の高さには目を見張るモノがありますが、まだまだ我々が機械側の仕様に歩み寄らないと効果的なSEOが難しい所感がありますね。

いずれはテクノロジーが進化して、こういった機械への配慮が不要になっていくはずですが時間がまだまだ掛かると思います。

 

日々、検索をしていると、『なんでこんなペラッペラな記事が上位表示しているの(怒)』というシーンがよくありますよね(笑)

コンピュータープログラムで検索ランキングを作っている以上、検索結果と実際に乖離があることはしょうがないです。

加えて、いかなるソフトウェアにも完璧な状態は存在せず、どこまで行ってもバグがあるものであり、人類はバグや不具合とずっと付き合っていく運命にあります。

 

最後に、あとは選んだキーワードに沿って、検索ユーザーが求めているであろうコンテンツを書いていきます。

 

ただ、人間に好まれるコンテンツを書いても検索エンジンが高く評価してくれないこともあれば、稚拙なコンテンツでも検索エンジンが高く評価してくれることもあります笑

ひとまず、今回の昼顔の記事例では、ネタバレに配慮した感想を前半パートに持ってきて、後半パートにネタバレと結末を書くというスタイルにしました。

そうすれば、ネタバレは知りたくないけど、『昼顔の映画って面白いの??良さそうなら観に行きたい!!』というユーザーが途中まで読み進めてくれるかなと思ったため。

一方で、ネタバレをとにかく知りたいユーザーは、そのまま最後まで読み進めてくれる算段ですね。

 

それが功を奏したのか、以下のように『昼顔 映画』という2語のキーワードで3位くらいに入れました。

 

 

今は順位が落ちてきていますが、僕のブログパワーでこれだけの成果が出れば十分でしょう。

映画試写会前からフライングで投稿していたサイトを抜くことも一応は可能です。

しかし、毎回毎回、ここまでの結果を出すのは厳しい部分があります。

 

だけど、2,000文字の記事でも爆発的なPVを集められると実感してもらえたなら嬉しいですね。

 

【おまけ1】関連記事の内部リンクで強化

ここまで、映画・昼顔の記事例について解説してきましたが、ブログ運営では内部リンクの効果も積極的に狙っていきましょう。

例えば、今回の記事例の末尾をみてもらうとお分かりの通り、

 

ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

 

↑のように記事の最後に内部リンクを張っています。

 

すると、こちらのように【昼顔の記事】⇒【他の記事たち】へとアクセスを流し込めます。

 

ブログ 書き方 ブログの書き方 コツ 映画 記事 アフィリエイト 例 講座

 

アドセンスで収益化しているならば、PVが大きいほど有利ですので内部リンクは張っておきましょう。

 

ただ、昼顔の映画と深く関連する記事へ内部リンクすべきですし、【上戸彩さん】や【斎藤工さん】に関する別コンテンツへと誘導したほうが良さそうですね。

今回はちょうどよいコンテンツが他になかったので、最近の映画の感想記事へ内部リンクを張るしかなかった感じです。

 

もしくは、ドラマ版・昼顔のオンデマンド配信サービスをアフィリするのもアリですね。

1件あたり1,000円以上の報酬が用意されていますし、映画公開をきっかけにドラマ版をすべてチェックしたい人は多いハズ。

これだけのPVが集まる記事ならアドセンスだけで十分ですが、ちょうど良い場所にオンデマンドのアフィリ広告を挟むのもオススメ。

 

【おまけ2】リライトでも上手くいく??

さらに補足をしておくと、ブログアフィリエイトはリライトでも稼げるかどうかについてです。

結論から示しておくと、リライト記事でも稼げます(今のところは)。

 

例えば、こちらのリアルタイム解析は僕のトレントサイトの1つです。

 

 

実は、このブログの昼顔記事がアクセス爆発したあとに、コピペして単語や助詞を置き換えて低質なリライト記事を投稿してみました。

オリジナル記事の成果には及びませんが、リライトでもリアルタイムで100人超えるのは上出来。

Googleさん、申しわけ・・・

 

今後はリライトだけだと辛くなってきますが、最初のうちは上位表示しているライバル記事たちのリライトでも良いかもしれません。

ただし、文句を一切言われないくらい、リライトの痕跡は消しておきましょう。

そして、リライトをして真似を続けていると、少しずつ自分の色を出せるようになるはず。

最終的には、オリジナルでしっかりとした記事を書けるようになりますよ。

 

でも、早くオリジナル記事を書けるようになりたいでしょうし、最初から頑張って自分のコトバで書いていくのが無難です。

いや、むしろ事件が起きないように、リライトは最初から避けましょう(自分のブログ同士でのリライトはありですが・・・)。

まとめ-ブログ記事の書き方とコツ

今回は、1記事で10万PVを集めた実例記事について、作成プロセスをそのまま解説してみました。

 

『ブログの書き方 コツ』で検索したときに表示されるページ群を読んで、それらと合わせて実践的な本記事を参考にしてもらえたなら嬉しいです。

【理論】と【実際】からブログの書き方のコツを掴んで、アフィリエイトに活かしてくださいね。