WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

WordPressでブログを立ち上げて手塩にかけて育てたサイト。

自分の子供のように大切なモノですし、バックアップ対策はしっかりしておきたいところ。

 

そこで、おすすめのプラグインBackWPupによるバックアップ自動化を解説します。

インストールから設定、使い方までをカバーします!!

WordPressのバックアップはBackWPupで!!

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

※ドロップボックス経由でバックアップファイルを自動で保存。

 

基本的にXサーバーやwpXクラウドを使っていれば、バックアップにお世話になるケースは極まれ。

やはり、サーバーが堅牢にできており、ちょっとやそっとではデータ消失は起きません。

 

ですが、『備えあれば憂いなし』なので、しっかりとバックアップをしておきましょう。

ブログやサイトの記事更新に集中したいでしょうし、バックアップの自動化が可能なBackWPupを紹介していきますね。

 

あと、できればBackWPupの前に、Dropbox(ドロップボックス)への登録(無料でOK)をしておくのをオススメします。

【インストール】BackWPupのプラグインを導入

さっそくまずは、BackWPupのプラグインをインストールしましょう。

 

【インストール方法】


【1. プラグインの新規追加】 

  ↓

【2. BackWPupで検索】 

  ↓

【3. 今すぐインストール】


という手順でインストールしましょう。

 

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、すぐに【4.有効化】をしてしまってOKです。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

すると、以下のような画面になりますが、無視して結構です。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、BackWPupの有効化をしたら、以下のように『BackWPup』の選択肢が追加されます。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

この『BackWPup』をクリックすると、『ダッシュボード』や『ジョブ』、『新規ジョブを追加』などなどが展開されます。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

【使い方】バックアップの自動化で安心をゲット!!

それでは、バックアップの自動化を設定するための本格的な操作に入っていきましょう。

 

BackWPupでは、2つのバックアップ設定を施します。

 

【2つの作業をします!!】


【設定1】ファイルのバックアップ

【設定2】データのバックアップ


 

の2本立てですね。

ということでまずは、【設定1】ファイルのバックアップから説明していきます!!

 

【設定1】ファイルのバックアップ

まず、【新規ジョブを追加】をクリックしてください。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、以下の画面のように、

・『このジョブの名前』

・『ジョブタスク』

の設定をお願いします。

ご自身がわかるジョブ名でOKですよ。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

続けて、【バックアップファイルの作成】でアーカイブ名の欄を設定しましょう。

このアーカイブ名がバックアップファイルの名前になります。

『ファイルのバックアップであること』『日付がわかること』が抑えてあれば大丈夫でしょう。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、バックアップファイルのアーカイブ形式ですね。

どんな方法で圧縮してアーカイブするかを選ぶ欄なのですが、

・WindowsならZip

・MacならTar GZip

という風に設定していってくださいね。

 

加えて、フォルダーへのバックアップ】【Dropboxにバックアップ】にもチェック。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

また、ログの送信先メールアドレスを決めましょう。

基本的にはバックアップにエラーが発生したときにメールが自動で来ますね。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

ここまでが【一般タブの設定】でした。

続けて、隣の【スケジュールタブ】を選びましょう。

そして、【WordPressのcron】にチェックを!!

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

加えて、実行時間のスケジュールを決めます。

スケジューラタイプを基本にしておき、毎日AM3時00分にバックアップをするようにしておけばOK。

まぁ、深夜の時間帯にバックアップ作業をしてもらった方がサーバーへの負担が減りますからね。

ちなみにですが、自己責任でバックアップする頻度を自由にスケジュールしてOKですよ。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

さらに、【ファイルのタブ】に切り替えてください。

でも、ここのタブは何も変更しなくてOKです。

参考のために、サッと眺めれば大丈夫。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

一方で、【宛先:フォルダー】にタブを切り替え、

・バックアップを格納するフォルダー(サーバー上)

・ファイルを削除(15個でOK)

を設定しましょう。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

続いて、【宛先:Dropbox】にタブを切り替えましょう。

最初は↓みたいに、『認証されていません!』とメッセージがあります。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

ここで、Dropboxのアカウントを作成し、再びここの画面に戻ってきてください。

そして、その状態で【Dropboxのアプリ認証コードを取得】をクリック。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

すると、以下のように画面が飛びます。

そのまま【許可】をクリックしてください。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

で、認証コードが表示されるのでコピーしてください。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

で、BackWPupの【宛先:Dropbox】で【Dropboxのアプリへのアクセス】に認証コードを貼り付けてください。

また、保存先ファルダ名も決めてくださいね。

ファイルを削除するのは今回も15個でOK。

ここまでの作業ができたら、【変更を保存】でお願いします。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

すると、『認証済み!!』というメッセージに切り替わりますよ。

これでドロップボックスへの保存設定が完了して、サーバー上だけでなく2箇所にバックアップできるようになりました。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

 

ちなみにですが、毎日AM3時などのバックアップで自動化しているかもしれませんが、手動で【今すぐ実行】というのも可能ですよ。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

【今すぐ実行】をやってみると、↓こちらのようにバックアップ処理がスタート。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

すべて100%になったら、バックアップが完了した証拠ですね。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

FTPソフトでサーバー上のデータを確認すると、バックアップファイルが見つかるはず。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

Dropboxのアプリにも通知が来ますね。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

Dropboxのアプリファルダにもバックアップが施されます。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

↓こんな感じですね。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

以上が『ファイルデータのバックアップ』となります。

 

長い設定でしたが、引き続き『データファイルのバックアップ』について解説をしますね。

ただ、ここまでの作業とほとんど同じなので、速攻で慣れるはずですよ!!

 

【設定2】データのバックアップ

さて、長い設定作業でしたが、同じような作業をデータファイルに対してもやっていきます。

でも、やり方はそのまんま同じ部分が多いので、ストレスなくサクサク進めていきましょう。

 

先ほどと同じように、【新規ジョブを追加】をクリック。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、ジョブの名前とタスクを設定してください。

ファイル名はデータベースであることが分かりやすいものに、

ジョブタスクは『データベースのバックアップ』でお願いします。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

で、以降とスケジュールは↑と同様にしていってくださいね。

 

一方で、【一般】と【スケジュール】の設定が終わったあとの

【DBバックアップ】では以下のような設定になっているかご確認を!!

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

そして、【宛先:フォルダー】は先ほどの例と同様にこなしてください。

【宛先:Dropbox】の設定も↑と変わらずです。

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

 

以上で、

【2つの作業】


【設定1】ファイルのバックアップ

【設定2】データのバックアップ


 

の2つが完了しました。

お疲れ様です!!

 

【要注意】BackWPupのプラグイン削除は気を付けて

WordPress バックアップ プラグイン 自動 おすすめ BackWPup

さて、もしかするとプラグインを整理したくて、BackWPupをアンインストールしたい日が来るかもしれません。

バックアップの自動化ができるBackWPupなのでアンインストールすることはないでしょう。

ですが、万が一、BackWPupをアンインストールしたい時は【データも削除されます】ので要注意!!

 

必ずバックアップファイルを確保してから、BackWPupの削除に取り掛かってくださいね。

まとめ-WordPressのバックアップ

いかがだったでしょうか??

 

今回はWordPressのバックアップを自動化する方法を解説していきました。

大切なブログやサイトを安全に運営していくためにも、ぜひバックアップはちゃんとしましょう。

 

BackWPupなら自動でバックアップしてくれるので、ブログ記事更新に集中できますよ。