ブログをWordPress(ワードプレス)で立ち上げて、画像を記事に挿入する時に出てくるaltタグとは??と初心者は誰もが気になりますよね。

今回は、altタグ意味必要性付け方についてわかりやすくまとめました。

 

ちなみに、読み方は『アルトタグ』か『オルトタグ』どっち??

altタグとは?そもそも読み方は?

まず、altタグはWordPressブログの初心者が誰しも気になる設定項目。

画像を記事などに挿入するときに、ちゃっかり用意されている “altタグの空欄” に戸惑いますよね。

僕も、altタグと出会ったときは、『別に意味なんか特にないよな・・・』と必要性ゼロだと判断して無視していました(笑)

 

でも、日本みたいにインターネットのインフラが整っている国なら問題なしですが、発展途上国やネット環境が不安定な地域ではaltタグが重要な役割を担います。

具体的には、画像を表示できない場合や、ブラウザ自体に画像表示の機能がないケースでは、画像の代わりにテキスト(altタグに設定したワード)が表示されるんです。

 

読み込みエラーなどで画像が表示できなかったり、ネットワークインフラが不安定な場所では画像表示をしないブラウザが使われたりします。

こんな風に、altタグはちゃんと意味があって用意されている機能。

 

ちなみにですが、altタグの読み方は『オルトタグ』っぽいです。

alt:alternative(オルタネイティヴ)の略なので『オルトタグ』。

日本人読みだと、勝手に『アルトタグ』と読みたくなりますが(笑)

※今もなお、『アルトタグ』ってついつい読んでしまいます。

altタグを設定する意味や必要性

ここまでの説明であったように、altタグを付けておくと画像が表示されない・できないケースで、その画像の名前的なワードが表示されるワケです。

 

でも、ネット環境が安定した状況下の人たちがブログ読者ならば、altタグを設定しなくても全く問題ありません。

僕も最初の頃は、altタグの必要性なんて無いと思い込んでいましたし、altタグの設定を一切せずに記事を書きまくっていました(笑)

 

altタグを設定しなくても普通に検索エンジンで上位表示しますし、心配しなくても大丈夫です。

 

とは言え、今現在の僕は画像を挿入する際は、ほぼ確実にaltタグを設定しています。

その理由としては、SEO効果がちょっぴり期待できそうだからです。

SEO効果が期待?altタグの付け方!

ということで、altタグの付け方とSEO効果についてです。

 

まず、altタグの付け方についてですが、僕の場合は記事を書くときに【選定したキーワード】をスペース区切りでaltタグに打ち込んでいます。

そうすることで、検索エンジンに対して、『この画像は、これらのキーワードと関係しています』というのをアピールするため。

 

Googleがaltタグをコンテンツ評価の指標に使っているかどうかは不明ですが、無いよりは有った方がマシという感じで僕は毎回設定しています。

確かに、Googleの画像処理技術は爆発的に伸びていますが、まだまだ画像から高度な判断をすることは難しいと思います。

なので、altタグで検索エンジンにアピールするため、僕はaltタグを今後も選定したキーワードで埋めていこうと考えていますね。

※もしかしたら、SEO効果などの意味が全くないかもですが・・・

まとめ-altタグとは

今回は、『altタグとは??』というテーマで記事を書き進めてきました。

 

画像表示ができないブラウザだったり、画像転送が難しい・重いインターネット環境だったり、altタグは世界中で活躍しています。

日本みたいにネット環境が盤石であればaltタグを設定しなくても大丈夫ですが、もしかするとSEO効果があるかもしれません。

少しでも上位表示のキッカケとなるならば、altタグを付けても損はないかなと重いますよ。

 

そして、僕の無料メルマガ講座では、ブログアフィリエイトにて最短で結果を出すための道筋を示しています。

ぜひ、無料メールマガジンへのご登録もチェックしてみてくださいね!!