映画 エイリアン コヴェナント ネタバレ 評価 感想

YozaYoza

ふつうに怖かった・・・

2017年9月15日より公開スタートの新作映画エイリアンコヴェナント』。

新作エイリアン映画のネタバレ評価をまとめてみました。

 

映画を観た感想は上出来なコワさ!?

エイリアン:コヴェナントの感想はふつうにコワイ??

どうも、ホラーとかエイリアンとか、怖い系の映画が好きなYozaです。

ちょうど、新作映画の『エイリアン:コヴェナント』が公開されたので、映画館で観てきました。

 

さっそく、エイリアン:コヴェナントの感想を述べておくと、

 

『ふつうにコワイ・・・』

 

という感じでしたね。

 

ありきたりなコワさというよりは、個人的には【アンドロイドの方が怖くないか??】という印象です(笑)

確かに、気持ち悪いエイリアンの姿を見て『コワっ!!』となったのですが、それ以上に【創造を意識するアンドロイド】の方がメチャクチャ怖いという感想ですね。

 

アンドロイドが自分自身の創造性に生きる意味を見出し、エイリアンの交配をさせたり、人間を欺いて反抗したり。

劇中に出てくるアンドロイド『デヴィッド』みたいなヤツが、リアルに誕生したら身震いしてしまいます。

 

こんな風に、映画『エイリアン:コヴェナント』では、エイリアンに襲われるシーン以上に、アンドロイドの存在の方がジワジワと恐怖を感じた次第です。

ここ最近もAIの進歩が目覚ましいですが、将来的には『自分で考えるアンドロイド』なんかが登場したら、デヴィッドみたいな反逆系になる可能性もありますよね。

エイリアン:コヴェナントは、ターミネーターとはまた違った意味でのコワさをイメージさせられる映画でした。

映画としてのエイリアン:コヴェナントの評価は??

YozaYoza

マンネリ化されてなくて面白い!?

続いて、エイリアン:コヴェナントの評価についてですが、最初から最後まで飽きずに観られる作品だと思います。

エイリアン系の映画って、これまでも歴代で何作品も作られてきたこともあり、パターン化されている傾向が露呈すると途中でアキアキしてしまいますよね。

 

でも、エイリアン:コヴェナントでは、アンドロイドがストーリーに絡んできて、従来とはまた違った雰囲気のある映画です。

そのため、エイリアン映画とはいえ、新鮮な印象を抱く人が多いかと思いますよ。

エイリアンとアンドロイドがタッグを組んで、人間側に襲いかかるという設定は過去のエイリアン映画とは違って新鮮です。

長らくシリーズ化されている映画はマンネリ化が心配されますが、エイリアン:コヴェナントは素晴らしい評価ですね。

 

『プロメテウス』⇒『エイリアン:コヴェナント』⇒『次回の続編の撮影スタート』という流れになっていますし、今後もリドリー・スコット監督の作品から目が離せないですね。

個人的には既に、次の続編がいつ公開されるのかが気になっている状態です。

【ネタバレ】エイリアン:コヴェナントのラストの結末

YozaYoza

エイリアン以上にアンドロイドがコワイ(笑)

最後に、映画『エイリアン:コヴェナント』のネタバレですが、

 

『やっぱり、ラストの結末はバッドエンド!!』

 

というやつです。

エイリアンの映画とか、その他ホラー映画とかは、ほぼ必ず最後はバッドエンド的な感じが多いですよね。

 

簡単にエイリアン:コヴェナントの結末をネタバレしておくと、

  • デヴィッド(旧型アンドロイド)とウォルター(新型アンドロイド)が実は入れ替わっている。
  • 惑星から脱出したあとの宇宙船内にエイリアンが入り込むが退治まではできる。
  • しかし、アンドロイドは惑星でエイリアンの交配とかをしていたデヴィッドにすり替わっている。
  • 休眠ポッドに人間が入ったあとに、デヴィッドが本性を表す。
  • エイリアンの萌芽みたいなのをデヴィッドが2個吐き出して、次回の続編に繋がっていく感じ。

でした。

 

宇宙船の中には2,000人以上の乗員がいますが、デヴィッドのおかげで地獄ですね・・・

そして、今回のエイリアン:コヴェナントを観る限り、アンドロイドの顔はモデルチェンジごとに大きく異なるデザインにした方がよさげ。

デヴィッドとウォルターが入れ替わっていたケースのように、同じ顔であることを利用されると悲惨ですからね。

 

【おすすめ映画の記事】

  スターウォーズ・エピソード7の無料動画!DVDを借りる前に・・・

  【ネタバレ配慮あり】スターウォーズ:エピソード8最後のジェダイの感想レビュー!

 

YozaYoza

無料メルマガのご登録はこちらから!!