AdSense Manager 使い方 表示されない

YozaYoza

AdSense Managerの使い方について書いていますが、

現在はWP QUADSというプラグインの方がおすすめです。

ワードプレスでグーグルアドセンスの広告を貼る場合、AdSense Managerを利用するのがセオリー。

 

今回はAdSense Managerのプラグインの使い方表示されない時の原因を解説します。

加えて、AdSense Managerを利用した便利な使い方として、内部リンクを瞬時に切り替える方法もご紹介します。

 

※現在はWP QUADSを使用することを強くおすすめします。

>> WP QUADSの使い方!AdSense Managerが表示されない時の代わりはコレ!

AdSense Managerの基本設定をサクッと!!

YozaYoza

まずは、基本設定についてです。

ワードプレスの管理画面で

 

『プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒ AdSense Managerを検索』

※現在は検索にヒットしないかもしれません。

 

してインストールするまでは大丈夫だと思います。

AdSense Manager 使い方 表示されない

念のため、↑こちらがインストールするAdSense Managerを検索した時に選択する画像。

例のごとく、『インストール ⇒ 有効化』 でAdSense Managerのインストールが完了します。

 

インストールをして有効化をし終えたら、

AdSense Manager 使い方 表示されない

投稿のAd Unitsをクリックします。

 

AdSense Manager 使い方 表示されない

その後、アドセンス広告のタグを貼り付けて、Importボタンを押すと、

 

AdSense Manager 使い方 表示されない

という画面になって、先ほど貼り付けたAdSense広告のコードが表示されるはずです(モザイク部)。

そして、左側のDisplay Optionsで、すべての 「Use Default」 ⇒ 「Yes」 に変更して 「Save changes」 をクリックします。

 

以上で、AdSense Managerの基本設定が終了となります。

【使い方】AdSense Managerはとてもカンタン♪

YozaYoza

使い方はとてもカンタンです^^

続いて、AdSense Managerの使い方についてですが、これまた非常にカンタンなのでサクッと慣れてしまいましょう。

 

記事を書いている最中、

アドセンス広告を貼りたい場所にショートコード( “ad#co-1” を “[” と “]” で囲ったもの)を

AdSense Manager 使い方 表示されない 5

↑の画像のように打ち込めば、投稿のプレビュー画面でアドセンス広告が表示されていると思います。

AdSense Managerの使い方はたったこれだけです。

 

実際に、アドセンス広告を表示させてみると、

AdSense Manager 使い方 表示されない

という具合になるかと思います。

【使い方の注意点】アドセンス広告が表示されない時の原因と対処法

YozaYoza

アドセンス広告が表示されない時は・・・

基本的には、ここまでの説明通りにAdSense Managerを設定すれば問題ないはずです。

しかしながら、「アドセンス広告が表示されない!!」というケースが生じることがあります。

 

表示されない場合の原因としては、

  • Googleの反映までに時間が掛かっている。
  • 貼り付けたアドセンスのコードが間違っている。
  • ショートコードを書き間違えている。

などなどが挙げられます。

大抵の場合が広告表示までのタイムラグが原因であることが多いです。

 

ですので、広告が表示されるまでは、ドンドン記事を書いてブログを強くしていきましょう!!

 

数日時間をおいて待ってみてもアドセンスが表示されない時は、どこかしらの設定が間違っていると言えます。

最初から見直してみて、アドセンス広告が表示されない理由を落ち着いて考えてみてください。

 

※うまく使えない場合は、WP QUADSの使用を検討されてみてください。

>> WP QUADSの使い方!AdSense Managerが表示されない時の代わりはコレ!

【便利な使い方】AdSense Managerで内部リンクを瞬時に切り替える

YozaYoza

AdSense Managerのおかげで、内部リンクの張り替えがラクに♪

ここまでは、AdSense Managerの基本的な使い方について解説してきました。

AdSense Managerのおかげでアドセンス広告だけでなく、A8さんやAffiliate Bさんの広告コードも便利に扱えるようになります。

 

さらに、応用的な使い方としては、僕が愛用している内部リンクの瞬時切り替えです。

トレンドアフィリエイトにしろ、特化型ブログにしろ、特定の記事にアクセスを集めて検索エンジンの評価を高めたい瞬間があるかと思います。

 

例えば、

  • ちょうど今話題になっているホットな記事にアクセスを集めたい。
  • 速報系記事の投稿直後で、その記事にアクセスを流し込みたい。
  • 冬から春に季節が移り変わり、春のネタの記事の評価を上げたい。

といった具合です。

 

一般的に、トレンドアフィリの目標記事数は300記事、特化型も記事数が100記事を超えるケースが多いです。

すべての記事を修正して内部リンクを貼り替える作業は、骨が折れますし時間が勿体無い。

加えて、内部リンクを貼っている編集中に修正ミスを招きかねないですよね。

 

そこで、すべての記事に仕込んでおいたショートコードをAdSense Managerで編集したら、瞬時に対象記事が変更されます。

ササッと内部リンクを貼り替えて、記事を書くなどの別の作業に時間を充てていきましょう。

 

僕の場合は、

[ad#co-link] や [ad#co-geinou]、[ad#co-talentname(タレント名)]

といった感じで、全体用や個別ジャンルごとに適した内部リンク先をすぐに切り替えられるようにしています。

 

例えば、木村拓哉さんの記事がたくさん入ったカテゴリーがあるなら、木村拓哉さんに関係するホットな話題の記事に他の記事から内部リンクを貼り替えたいですよね??

 

このAdSense Managerの応用的な使い方によって1分以内で該当する内部リンクを変更できるので、非常に便利な使い方だと思います。

ぜひ、AdSense Managerでアドセンス広告や物販広告、内部リンク(外部リンクも可)を短時間で処理していきましょう。

 

そして、僕の無料メールマガジンでは、ブログで成功するための最短ルートを発信しています。

無料メルマガ講座へのご登録もチェックしてみてくださいね!!

 

YozaYoza

ブログの最短成功ルートとは!?

無料メールマガジンのご登録はこちらから!!